コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障る ササワル

デジタル大辞泉の解説

さ‐さわ・る〔‐さはる〕【障る】

[動ラ五(四)]さまたげとなる。さわりとなる。さわる。
「指ニケガヲシテ手習イニ―・ル」〈和英語林集成

さや・る【障る】

[動ラ四]
何かにひっかかる。さわる。
「我が待つや鴫(しぎ)は―・らず」〈・中・歌謡〉
妨げられる。
「すべもなく苦しくあれば出で走り去(い)ななと思へど此らに―・りぬ」〈・八九九〉
差し支える。支障ができる。
「百日(ももか)しも行かぬ松浦道(ぢ)今日行きて明日は来なむを何か―・れる」〈・八七〇〉

さわ・る〔さはる〕【障る】

[動ラ五(四)]
差し支える。じゃまになる。妨げとなる。「仕事に―・る」「出世に―・る」
からだに悪い影響を及ぼす。害になる。「夜更かしはからだに―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ささわる【障る】

( 動四 )
障害となる。さしさわる。 「指ニケガヲシテ手習ニ-・ル/ヘボン」

さやる【障る】

( 動四 )
ひっかかる。 「鴫しぎわな張るわが待つや鴫は-・らず/古事記
妨げられる。 「すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へど此らに-・りぬ/万葉集 899
立ちふさがる。さえぎる。 「百日ももかしも行かぬ松浦道今日行きて明日は来なむを何か-・れる/万葉集 870

さわる【障る】

( 動五[四] )
健康の障害となる。害になる。 「徹夜は体に-・る」 「暑さが病気に-・らなければよいが」
ある感覚器官にふれて、嫌なものとして受け取られる。 「小骨が舌に-・る」 「耳に-・る音」 「気に-・る言い方」 「癪しやくに-・る」
さまたげとなる。邪魔になる。 「水無月の照りはたたくにも-・らず来たり/竹取」
月経になることを婉曲にいう。 「 - ・ることあり、とて会はざりければ/大和 53」 〔「障える」に対する自動詞〕
[慣用] 当たらず障らず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

障るの関連キーワード虫の居所が悪いかちんと来る手水鉢の金魚おひゃらかす障泥∥泥障腹を肥やす小腹が立つ腹が立つこだわる癪に障る久米歌太阿記畏まりさわり万葉集目・眼のべつ気当り心障りなむ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

障るの関連情報