コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障る(読み)ササワル

デジタル大辞泉の解説

さ‐さわ・る〔‐さはる〕【障る】

[動ラ五(四)]さまたげとなる。さわりとなる。さわる。
「指ニケガヲシテ手習イニ―・ル」〈和英語林集成

さや・る【障る】

[動ラ四]
何かにひっかかる。さわる。
「我が待つや鴫(しぎ)は―・らず」〈・中・歌謡〉
妨げられる。
「すべもなく苦しくあれば出で走り去(い)ななと思へど此らに―・りぬ」〈・八九九〉
差し支える。支障ができる。
「百日(ももか)しも行かぬ松浦道(ぢ)今日行きて明日は来なむを何か―・れる」〈・八七〇〉

さわ・る〔さはる〕【障る】

[動ラ五(四)]
差し支える。じゃまになる。妨げとなる。「仕事に―・る」「出世に―・る」
からだに悪い影響を及ぼす。害になる。「夜更かしはからだに―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ささわる【障る】

( 動四 )
障害となる。さしさわる。 「指ニケガヲシテ手習ニ-・ル/ヘボン」

さやる【障る】

( 動四 )
ひっかかる。 「鴫しぎわな張るわが待つや鴫は-・らず/古事記
妨げられる。 「すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へど此らに-・りぬ/万葉集 899
立ちふさがる。さえぎる。 「百日ももかしも行かぬ松浦道今日行きて明日は来なむを何か-・れる/万葉集 870

さわる【障る】

( 動五[四] )
健康の障害となる。害になる。 「徹夜は体に-・る」 「暑さが病気に-・らなければよいが」
ある感覚器官にふれて、嫌なものとして受け取られる。 「小骨が舌に-・る」 「耳に-・る音」 「気に-・る言い方」 「癪しやくに-・る」
さまたげとなる。邪魔になる。 「水無月の照りはたたくにも-・らず来たり/竹取」
月経になることを婉曲にいう。 「 - ・ることあり、とて会はざりければ/大和 53」 〔「障える」に対する自動詞〕
[慣用] 当たらず障らず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

障るの関連情報