コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障る ササワル

6件 の用語解説(障るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さ‐さわ・る〔‐さはる〕【障る】

[動ラ五(四)]さまたげとなる。さわりとなる。さわる。
「指ニケガヲシテ手習イニ―・ル」〈和英語林集成

さや・る【障る】

[動ラ四]
何かにひっかかる。さわる。
「我が待つや鴫(しぎ)は―・らず」〈・中・歌謡〉
妨げられる。
「すべもなく苦しくあれば出で走り去(い)ななと思へど此らに―・りぬ」〈・八九九〉
差し支える。支障ができる。
「百日(ももか)しも行かぬ松浦道(ぢ)今日行きて明日は来なむを何か―・れる」〈・八七〇〉

さわ・る〔さはる〕【障る】

[動ラ五(四)]
差し支える。じゃまになる。妨げとなる。「仕事に―・る」「出世に―・る」
からだに悪い影響を及ぼす。害になる。「夜更かしはからだに―・る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ささわる【障る】

( 動四 )
障害となる。さしさわる。 「指ニケガヲシテ手習ニ-・ル/ヘボン」

さやる【障る】

( 動四 )
ひっかかる。 「鴫しぎわな張るわが待つや鴫は-・らず/古事記
妨げられる。 「すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へど此らに-・りぬ/万葉集 899
立ちふさがる。さえぎる。 「百日ももかしも行かぬ松浦道今日行きて明日は来なむを何か-・れる/万葉集 870

さわる【障る】

( 動五[四] )
健康の障害となる。害になる。 「徹夜は体に-・る」 「暑さが病気に-・らなければよいが」
ある感覚器官にふれて、嫌なものとして受け取られる。 「小骨が舌に-・る」 「耳に-・る音」 「気に-・る言い方」 「癪しやくに-・る」
さまたげとなる。邪魔になる。 「水無月の照りはたたくにも-・らず来たり/竹取」
月経になることを婉曲にいう。 「 - ・ることあり、とて会はざりければ/大和 53」 〔「障える」に対する自動詞〕
[慣用] 当たらず障らず

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

障るの関連キーワード押し掛かる罠に掛かる居掛かる押っ掛る突っ掛る取っ掛るなずさわ・る走り掛かる目っかる引っかかる

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

障るの関連情報