障害者スポーツ(読み)しょうがいしゃスポーツ

百科事典マイペディア「障害者スポーツ」の解説

障害者スポーツ【しょうがいしゃスポーツ】

心身障害をもつ人びとのスポーツ。障害者スポーツは,今日では,目標や課題の異なる3つのレベルで行われる。第1に,治療の手段として実施され,法律で認められた治療法として確立されているもの,第2に,多くの障害者に一般スポーツや余暇スポーツとして提供されているもの,第3に,パラリンピックなど競技スポーツとして行われているものである。障害者スポーツは本来,第1次世界大戦で負傷した兵士に,野戦病院でスポーツの練習によって心身の健康を改善する機会を与えようとした傷痍(しょうい)軍人のスポーツとしてヨーロッパで始まる。当初,スポーツの仕方は医学的な観点から規定されていたが(スポーツ医学参照),後には教育学的な目標設定や内容が重要視されるようになった。→リハビリテーション
→関連項目ボストン・マラソン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「障害者スポーツ」の解説

しょうがいしゃスポーツ【障害者スポーツ】

心身に障害をもつ人々に身体的・精神的・社会的リハビリテーションの機会を与え,障害者の社会的再統合あるいは統合をはかるためのスポーツで,障害者のスポーツ,障害者によるスポーツ,障害者のためのスポーツなどと言われることもあるが,障害者のかかわるすべてのスポーツを意味するものである。言い換えれば,それは,障害者のかかわる運動遊びから運動競技まで,スポーツ振興法(1961)でいうところの身体運動から運動競技までを含むものであり,英語ではdisability sportと表記されるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報