コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀踊(り) スズメオドリ

デジタル大辞泉の解説

すずめ‐おどり〔‐をどり〕【×雀踊(り)】

江戸時代の風流(ふりゅう)踊りで、編み笠をかぶり、竹に雀の模様の着物を着て奴(やっこ)姿で踊るもの。歌舞伎にも取り入れられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すずめおどり【雀踊】

民俗舞踊,歌舞伎舞踊の一種。江戸時代に,祭礼の練物(ねりもの)としておこなわれ,初期の歌舞伎でもさかんに踊られ,芝居の5月の曾我祭の大踊としてかかせぬものとなっていた。〈雀百まで踊り忘れぬ〉のことわざの見立てで,編笠をかぶり,雀の模様の着物を尻はしょりしたやっこ姿の者が,大勢で雀をおもわせる振りで踊った。富山・山口・和歌山県などに盆踊として雀踊があるが,扮装は異なる。【吉川 周平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

雀踊(り)の関連キーワードええじゃないか漆山 又四郎民俗舞踊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android