コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我祭 そがまつり

1件 の用語解説(曾我祭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そがまつり【曾我祭】

江戸時代,江戸の各劇場で行った年中行事の一つ。初春狂言が成功し,5月まで興行が継続したとき,曾我兄弟の討入りの5月28日に催した。芝居の守護神として楽屋に祀っていた曾我荒人神のお祭り。元来は楽屋内の行事であったが,1753年(宝暦3)中村座で初狂言の大成功のとき,舞台で行ったのが以後三座の慣例になり,文政(1818‐30)ごろまで続いた。仕切場に神輿(みこし)を飾り,幕間には神楽を奏した。楽屋では,打出し後酒宴,それが終わってからいろいろな趣向の練物や余興を演じて町内を行列する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の曾我祭の言及

【歌舞伎】より

…上方では〈二の替り〉と称し,年間の興行のうちもっとも演劇的な内容を重視した狂言を演ずることとし,必ず廓の場面がある約束で,外題に〈けいせい(傾城,契情)〉の文字を含ませる習慣があった。江戸の例でいうと,初春興行の曾我狂言に立てた大名題はなるべくそのまま残し,3月の〈弥生(やよい)興行〉,5月の〈皐月(さつき)興行〉には,一番目の不評の場を抜いて二番目,三番目を出していき,5月28日の曾我祭まで行くことができれば大成功としたものである。しかし,3月3日初日で陽春の季節にふさわしいお家騒動物や《助六》などを出し,5月5日からまた狂言を差し替えることが多かった。…

※「曾我祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曾我祭の関連キーワード荊楚歳時記建武年中行事年中行事年中行事絵巻顔見世時令鶴の御成連歌始め曽我祭年中行事の障子

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone