コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雛菓子 ヒナガシ

4件 の用語解説(雛菓子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひな‐がし〔‐グワシ〕【×雛菓子】

雛祭りに供える菓子。菱餅(ひしもち)雛あられなど。 春》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ひながし【雛菓子】

3月3日の桃の節句に供える菓子。菱餅(ひしもち)・雛あられなど。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひながし【雛菓子】

雛祭りに供える菓子。雛あられ・菱餅ひしもちなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雛菓子
ひながし

3月3日の雛祭に雛壇に供える菓子の総称。生(なま)菓子と干菓子がある。
 生菓子では菱餅(ひしもち)(餅のほか求肥(ぎゅうひ)でもつくる)、引千切(ひちぎり)、草餅など。干菓子では白雪(はくせっこう)でこしらえた菱餅、雛あられ、有平(あるへい)細工のタイ、ハマグリ、モモの枝、またさまざまな貝の形を落雁(らくがん)にした「貝尽し」を飾る。これらの貝のうち、ハマグリには「雀(すずめ)」の文字がみられる。「雀海中に入りて蛤(はまぐり)となる」という中国の俗信による。
 菱餅は宮中で正月に用いる菱葩餅(ひしはなびらもち)を簡略にしたもので、白、緑、紅、黄色の餅を、二枚重ね(白緑、白紅)、三枚重ね(白緑紅、白緑黄)、五枚重ね(白緑紅白黄)にして飾る。色合いはこの季節を表現したもので、白は遠山の残雪、緑は新緑、紅はモモの花、黄は菜の花になぞらえているという。引千切は小豆餡(あずきあん)をよもぎ団子の皮で包むか、よもぎ餅の中央をへこませて小豆餡を置くかしたもので、後者は「いただき餅」ともいう。ともに草餅の一種だが、現在では餅を五色に染めたり、餡を紅白にしたり、きんとんにしたりするなど、華やかな仕法も行われている。
 雛あられは文政(ぶんせい)年間(1818~1830)に「雛の菓子や、菓子袋」と振売りされたが、それ以前から一般の家庭では米花(はぜ)(煎(い)り米)や煎り豆をつくって供えた。煎り豆は「まめに入る」と縁起をかついで、互いに贈り合うのがしきたりであった。有平細工や落雁の貝は、雛人形が飾り雛以前に人形(ひとかた)の流し雛であったころ、祓(はらい)雛を流すついでに潮干狩を行った名残(なごり)とみられる。ハマグリの殻は雛の器にも用いた。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雛菓子の関連キーワード御供え供え七色菓子甘酒祭御供え餅歓喜団草餅の節句供え餅菱餅盛菓子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雛菓子の関連情報