雨夜の品定め(読み)あまよのしなさだめ

精選版 日本国語大辞典「雨夜の品定め」の解説

あまよ【雨夜】 の 品定(しなさだ)

① 「源氏物語帚木」で、夏の雨の夜に、物忌みのため宿直(とのい)していた光源氏のもとへ、頭中将、左馬頭、藤式部丞が来て、女性の品評をし、理想像を論じ、さらに各自の体験談を語ったのをいう。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「ありしあま夜のしなさだめの後いぶかしく思ほしなるしなじなあるに」
② (転じて) 人の品評をすること。
其面影(1906)〈二葉亭四迷〉二二「母子(おやこ)鼻を突合せて雨夜(アマヨ)品定めをやった後で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典「雨夜の品定め」の解説

雨夜の品定め

人の優劣などについて、論評すること。

[使用例] 母子おやこ鼻を突合せて雨夜の品定めをやった後で[二葉亭四迷*其面影|1906]

[由来] 「源氏物語ははき」に描かれている、夏の雨の夜に、光源氏たちがさまざまな女性の品評をした場面から。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android