雨夜の品定め(読み)アマヨノシナサダメ

  • あまよ
  • の 品定(しなさだ)め
  • 雨夜

大辞林 第三版の解説

源氏物語の帚木ははきぎの巻で、夏の長雨ながめ忌みの一夜に、光源氏や頭中将とうのちゆうじようがめぐり会った女性たちの品定めをする部分の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 「源氏物語‐帚木」で、夏の雨の夜に、物忌みのため宿直(とのい)していた光源氏のもとへ、頭中将、左馬頭、藤式部丞が来て、女性の品評をし、理想像を論じ、さらに各自の体験談を語ったのをいう。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「ありしあま夜のしなさだめの後いぶかしく思ほしなるしなじなあるに」
② (転じて) 人の品評をすること。
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉二二「母子(おやこ)鼻を突合せて雨夜(アマヨ)の品定めをやった後で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

人の優劣などについて、論評すること。

[使用例] 母子おやこ鼻を突合せて雨夜の品定めをやった後で[二葉亭四迷*其面影|1906]

[由来] 「源氏物語ははき」に描かれている、夏の雨の夜に、光源氏たちがさまざまな女性の品評をした場面から。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android