コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力使用制限令 デンリョクシヨウセイゲンレイ

3件 の用語解説(電力使用制限令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんりょくしようせいげん‐れい【電力使用制限令】

電気の供給不足によって国民経済や生活に悪影響が及ぶおそれがある場合に、電気の使用を制限する規則。電気事業法に基づいて、契約電力が500キロワット以上の大口需要家を対象に、経済産業大臣が発令する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

電力使用制限令

電気事業法に基づき、大口需要家(契約電力500キロワット以上)の使用最大電力を限る措置。東北電力管内では、7月1日から9月9日までの平日の昼間に「昨年の同じ期間・時間帯の使用最大電力から15%減らした値」を上限に制限する。故意に違反すると、100万円以下の罰金。

(2011-06-29 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電力使用制限令
でんりょくしようせいげんれい

電力供給が不足し、経済や国民生活に悪影響を及ぼす恐れがある場合に、使用電力量や最大電力量などを制限する強制措置の通称。電気事業法27条に基づいて経済産業大臣が制限を命じる経済産業省令「電気使用制限等規則」とそれを発動するための告示をさす。おもに大口契約者が対象となり、故意に違反した者は100万円以下の罰金を科せられる。制限する期間、地域、用途も政令で指定できる。第一次オイル・ショック直後の1974年(昭和49)に初めて発動され、火力発電所で使用する石油の使用量を抑制するため、契約電力500キロワット以上の大口契約者に15%削減を義務づけた。また、ネオンサインや広告灯など照明設備の使用を禁止する措置もとられた。2011年(平成23)3月の東日本大震災後、原子力発電所や火力発電所損傷による電力供給不足に対しても同年7月に発動された。このときは、電力需要がピークを迎える夏場(7月1日から9月9日までの土日祝日を除く50日間、各日9時から20時の11時間、合計550時間にわたって実施)に、東京電力と東北電力の管内で、契約電力が500キロワット以上の大口契約者を対象とした。最大使用電力を前年実績より15%削減できないと違反とされた。500キロワット未満の小口契約者や一般家庭には、強制力のない節電要請とし、対象外の電力会社については電力使用制限令ではなく、15%削減の節電要請にとどめた。
 なお、電力使用を制限する方法には、送電を止めずに電力使用制限令で大口契約者などの使用量を減らす総量規制のほか、送電自体を止めてしまう計画停電がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電力使用制限令の関連キーワード大口電力電気事業法電気料金制度ガス事業自由化卸供給事業者卸電気事業者電力使用を規制する方法供給計画電力の小売り自由化電力自由化と特定規模電気事業者(PPS)

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電力使用制限令の関連情報