コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子ばかり(電子秤) でんしばかり electronic scale

1件 の用語解説(電子ばかり(電子秤)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんしばかり【電子ばかり(電子秤) electronic scale】

はかりのつり合い機構,読取機構などに電子技術を導入したはかりの総称で,電気式はかり(電気ばかり)とも呼ばれる。つり合せ機構には,荷重によるはかりのさおの微小な変位を電気的に検出し,さおが水平になるよう電磁力を加減する零位式と,弾性体ブロックにひずみゲージをはりつけ,弾性体の変形に比例した電気信号を発生するロードセルに荷重を直接に加え,荷重に比例した電気信号を検出するロードセル式がある。読取機構には,つり合せ機構の検出信号をディジタル表示するほか,マイクロコンピューターを内蔵させ品物の単価をセットして品物の質量に応じた料金の表示,入れ物(風袋)の質量を測定の結果から差し引く風袋消去,測定結果のプリントアウトなど,多種多様の機能をもつものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電子ばかり(電子秤)の関連キーワード釣合い釣合い試験掛り合い刈取機釣り合いを取る取合い不安定の釣合い不釣合い祭の使ひMINTO機構

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone