コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子ばかり(電子秤) でんしばかりelectronic scale

世界大百科事典 第2版の解説

でんしばかり【電子ばかり(電子秤) electronic scale】

はかりのつり合い機構,読取機構などに電子技術を導入したはかりの総称で,電気式はかり(電気ばかり)とも呼ばれる。つり合せ機構には,荷重によるはかりのさおの微小な変位を電気的に検出し,さおが水平になるよう電磁力を加減する零位式と,弾性体ブロックにひずみゲージをはりつけ,弾性体の変形に比例した電気信号を発生するロードセルに荷重を直接に加え,荷重に比例した電気信号を検出するロードセル式がある。読取機構には,つり合せ機構の検出信号をディジタル表示するほか,マイクロコンピューターを内蔵させ品物の単価をセットして品物の質量に応じた料金の表示,入れ物(風袋)の質量を測定の結果から差し引く風袋消去,測定結果のプリントアウトなど,多種多様の機能をもつものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android