コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子ビーム溶解炉 でんしビームようかいろelectron beam melting furnace

2件 の用語解説(電子ビーム溶解炉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんしビームようかいろ【電子ビーム溶解炉 electron beam melting furnace】

10-4~10-5mmHgの高真空において,加速電圧14~35kVの電子銃から発射された電子ビームによって金属を溶解し,水冷銅鋳型で凝固させて鋳塊を製造する炉。電子ビームによる加熱効率は75~85%であり,高温が得られる。高真空度と同時に短時間で高温度が得られることから,高融点の活性金属であるチタンTi,ジルコニウムZr,タンタルTa,ニオブNb,モリブデンMoなどの溶解および精錬に適する。さらに,蒸気圧の高い不純物元素およびガス成分の除去に優れており,粗金属を再溶解して精製するさいにも使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子ビーム溶解炉
でんしびーむようかいろ

溶解しようとする金属に電子線を当て、電子が衝突したとき発生する熱を熱源として溶解を行う炉。高い真空度の下で溶解が行われるため、水素、酸素、窒素などの気体元素や蒸気圧の高い不純物金属元素が除去できる。タンタル、ニオブ、モリブデン、タングステンなどの高融点金属の溶解に使用される。とくにタンタル、ニオブを電子ビーム溶解したものは、アーク溶解したものに比し加工性が改善され、靭性(じんせい)が向上する。[小岩昌宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電子ビーム溶解炉の関連キーワード真空計DOPリノール酸グリセリン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone