コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧積温泉 キリヅミオンセン

3件 の用語解説(霧積温泉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きりづみ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【霧積温泉】

群馬県安中市にある温泉。泉質は硫酸塩泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕霧積温泉(きりづみおんせん)


群馬県西部、安中(あんなか)市松井田(まついだ)町にある霧積山中の渓流沿いにわく保養向きの温泉。長時間入浴療養で知られ、明治初期には避暑地として栄えた。標高約1000mの原生林に囲まれた自然探勝基地。マス釣りセンターが近くにあり、渓流釣り客も多い。カルシウム-硫酸塩泉。泉温39℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧積温泉
きりづみおんせん

群馬県安中(あんなか)市松井田(まついだ)町地区の北西部にある療養温泉。霧積川上流の原始林に包まれた静かな山の湯で、標高1080メートル。雲霧の発生が多いことからこの名がある。泉質は硫酸塩泉、外傷や皮膚病に効く。1976年(昭和51)県営霧積ダムが完成。上信越高原国立公園の地域内で、JR信越本線横川駅が最寄り駅、バスの便はない。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霧積温泉の関連キーワード安中市安中藩磯部温泉松井田安中城安中安中[市]松井田[町]安中草三郎安中忠雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone