コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧積温泉 キリヅミオンセン

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕霧積温泉(きりづみおんせん)


群馬県西部、安中(あんなか)市松井田(まついだ)町にある霧積山中の渓流沿いにわく保養向きの温泉。長時間入浴療養で知られ、明治初期には避暑地として栄えた。標高約1000mの原生林に囲まれた自然探勝基地。マス釣りセンターが近くにあり、渓流釣り客も多い。カルシウム-硫酸塩泉。泉温39℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧積温泉
きりづみおんせん

群馬県安中(あんなか)市松井田(まついだ)町地区の北西部にある療養温泉。霧積川上流の原始林に包まれた静かな山の湯で、標高1080メートル。雲霧の発生が多いことからこの名がある。泉質は硫酸塩泉、外傷や皮膚病に効く。1976年(昭和51)県営霧積ダムが完成。上信越高原国立公園の地域内で、JR信越本線横川駅が最寄り駅、バスの便はない。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

霧積温泉の関連キーワード群馬県安中市松井田碓氷川鼻曲山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android