コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井田 まついだ

4件 の用語解説(松井田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松井田
まついだ

群馬県西部,安中市西部の旧町域。碓氷川上流域に位置する。 1954年臼井町,坂本町の2町および西横野村,九十九村,細野村の3村と合体。 2006年安中市と合体。中央を貫流する碓氷川沿いには河岸段丘が開け,クワ園が多く,養蚕地帯にあって製糸業も盛んであったが,近年ではサトイモシイタケコンニャクの生産が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まついだ【松井田】

群馬県西部、安中市の地名。碓氷峠の東麓にある中山道の旧宿場町。妙義山の登山口。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松井田
まついだ

群馬県西部、碓氷(うすい)郡にあっあ旧町名(松井田町(まち))。現在は安中(あんなか)市の西部を占める地域。旧松井田町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)臼井(うすい)、坂本の2町と西横野、九十九(つくも)、細野の3村を合併。2006年(平成18)安中市に合併。JR信越本線、国道18号、碓氷バイパスが通じ、上信越自動車道の松井田妙義、碓氷軽井沢のインターチェンジがある。信越本線は1997年に北陸(長野)新幹線の開通に伴って横川―軽井沢間が廃止された。大部分が標高500メートル前後の丘陵地域をなし、西部は1000メートル級の山地で、ほぼ中央を碓氷川が東流し、そこに狭長な河谷平野がある。旧松井田の中心市街は碓氷峠東麓(とうろく)の中山道(なかせんどう)の宿場町(松井田宿)として坂本宿とともに栄えた。零細な兼業農家が多く、畜産、米作、養蚕や野菜栽培が行われている。臼井地区ではベントナイトを産する。上信越高原国立公園と妙義荒船佐久(みょうぎあらふねさく)高原国定公園域で、横川(よこかわ)に碓氷関所跡があり、妙義山、霧積(きりづみ)温泉などの入口でもある。1993年に、信越本線に設けられていたアプト式鉄道施設が国の重要文化財に指定された。[村木定雄]
『『松井田町誌』(1985・松井田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松井田の関連情報