コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露草色 つゆくさいろ

色名がわかる辞典の解説

つゆくさいろ【露草色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、ツユクサ科ツユクサの花のような明るい青を表す伝統色名。夏に可憐な花を咲かせる。朝にひらき、午後にはしぼむのが特徴。異称が多く、ツキクサ、ウツシグサ、ハナダグサ、ホタルグサ、アイバナ、ボウシバナなどとも呼ばれる。古くはツユクサで布地を染色したとされるが、色が水に溶ける性質であるため染め物の下絵を描くのに用いられることが多い。和服、和装小物のほか、オーディオ機器などの色名にもなっている。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つゆくさ‐いろ【露草色】

露草で染めた、青色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つゆくさいろ【露草色】

露草で染めた青色。花色。つきくさ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

露草色の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

露草色の関連情報