コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森平野 あおもりへいや

7件 の用語解説(青森平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青森平野
あおもりへいや

青森県中央部,青森市街を中心に青森湾を半円形に囲む平野。面積約 170km2。南の八甲田火山群に発する野内,駒込,荒川などの諸河川がつくった沖積平野。平野部は水田地帯で,南側の山麓地帯ではリンゴを栽培。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あおもり‐へいや〔あをもり‐〕【青森平野】

青森県中央部、青森湾に臨んで弓状に広がる平野。主に沖積平野で、西側は海岸平野。中心地は青森市。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

青森平野【あおもりへいや】

青森県北部,青森湾に臨む沖積平野。全域青森市に属し,面積約170km2。八甲田火山群から流出する荒川,駒込川などの運搬土砂により埋め立てられ,三日月形の平面形をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおもりへいや【青森平野】

青森県の中央部に位置し,青森湾に面する平野。東は夏泊(なつどまり)半島南西部まで,西は津軽半島東岸の蟹田町付近までを含む沖積平野で,面積170km2。南部は八甲田火山噴出の石英安山岩質溶結凝灰岩からなる台地で,それが平野の基盤層となっている。この台地を開析しながら荒川,駒込川,野内(のない)川などの河川が北流し,下流部に青森平野を形成した。青森市油川から蟹田町に至る海岸平野は新田(にいだ)川,内真部(うちまつぺ)川,阿弥陀川などによって形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あおもりへいや【青森平野】

青森湾を囲み U 字型に広がる平野。中央に青森市の市街地がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕青森平野(あおもりへいや)


青森県中央部、青森湾沿岸に広がる平野。津軽(つがる)半島の外ヶ浜(そとがはま)町蟹田(かにた)付近から夏泊(なつどまり)半島西岸に及ぶ。荒(あら)川・駒込(こまごめ)川・野内(のない)川など青森湾に注ぐ河川が形成した沖積(ちゅうせき)地からなる。南は八甲田(はっこうだ)山に限られる。中心に青森市街地があり、周辺は水田地帯。南部の台地ではリンゴ栽培が盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青森平野
あおもりへいや

青森県の中央部にある平野。面積170平方キロメートル。東は夏泊(なつどまり)半島南西端の浅虫(あさむし)付近、西は津軽半島東岸の東津軽(ひがしつがる)郡外ヶ浜(そとがはま)町付近までで、青森湾を囲んで半月状をしている。平野は低平で、荒川、駒込(こまごめ)川、野内(のない)川が南方の台地を開析しながら北流し、青森湾に注ぐ。平野の中心は青森市街であるが、周辺部は水田が広がっている。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone