コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森湾 あおもりわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青森湾
あおもりわん

青森県中央部,陸奥湾の南西隅,津軽半島夏泊半島に囲まれた部分。沿岸西部は砂浜,東部は山が海に迫る。南部は古くは外ヶ浜と呼ばれ,低湿地であったが,寛永1 (1624) 年,ここに弘前藩が港を開いた津軽四浦の1つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおもりわん【青森湾】

青森県の津軽半島と下北半島に囲まれた陸奥湾は,夏泊半島によって青森湾と野辺地湾にわけられる。青森湾の西岸は60~70mの急深な海底で,青函連絡船や青森港に出入りする船舶の航路となっている。また回遊魚が西側の海岸近くまで来遊し,カタクチイワシコウナゴなどの定置網漁業が盛んである。1966年ころからホタテガイ養殖が盛んになり,青森市蟹田町,蓬田村でホタテガイ採苗と養殖を行っている。東岸に浅虫温泉がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕青森湾(あおもりわん)


青森県北部、陸奥(むつ)湾の南西部を占める支湾。夏泊(なつどまり)崎沖の大島と津軽(つがる)半島の蟹田(かにた)川河口を結ぶ線以南を湾域とする。夏泊半島によって陸奥湾南東部の野辺地(のへじ)湾と隔てられる。湾奥重要港湾の青森港と青森漁港がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青森湾
あおもりわん

本州最北部、青森県の中央部にある陸奥(むつ)湾の支湾。陸奥湾の一部が夏泊(なつどまり)半島によってくぎられた部分で、ほぼ半円形をなしている。水深は平均で約40メートル。湾の南部は青森平野で砂浜海岸が続き、湾奥に青森市街と、商港と漁港の機能をもつ青森港がある。湾内はフェリーボートをはじめ、青森港に出入りする内外の商船、漁船が航行する。交通路としては重要であるが、水産面にみるべきものはない。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青森湾の言及

【陸奥湾】より

…松前街道が海岸沿いに走り,沿岸部には蟹田町を中心に小集落が存在する。湾の南側は南から突出する夏泊(なつどまり)半島によって,東の野辺地湾と西の青森湾に分けられる。野辺地湾奥の野辺地は近世南部藩の港で,蝦夷地(北海道)への連絡港として栄えた。…

※「青森湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青森湾の関連キーワード浅虫夏泊県立自然公園青森県青森市浅虫[温泉]三内丸山遺跡ユウカムピアガン(雁)青森[市]青森(市)合浦公園浪岡其永コクガン浅虫温泉津軽山地野辺地大島横山河口

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android