コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅虫温泉 あさむしおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅虫温泉
あさむしおんせん

青森市の北東端,夏泊半島の西側基部にある温泉。古くは,この温泉を用いて布を織る麻を蒸していたことから「麻蒸」とも書いた。東北地方の代表的な温泉の1つ。小島の浮ぶ青森湾にのぞみ,三方を山に囲まれた風光明美なところ。はるかに下北津軽半島の山々や岩木山を見ることができる。泉質食塩泉泉温は約 80℃。鎌倉時代から利用された古い温泉で,一般行楽客をはじめ,海水浴客,釣客,スキー客なども多い。浅虫夏泊県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あさむし‐おんせん〔‐ヲンセン〕【浅虫温泉】

青森市北東部、青森湾に面する温泉。泉質は塩化物泉硫酸塩泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

浅虫温泉

青森県青森市にある道の駅。国道4号に沿う。展望浴場がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あさむしおんせん【浅虫温泉】

青森市北東部の海浜にある温泉。弱硫酸塩泉・単純泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕浅虫温泉(あさむしおんせん)


青森市の東郊にある行楽向きの温泉。夏泊(なつどまり)半島の基部西岸にわく。同県を代表する観光地の一つ。沖に湯ノ島・裸(はだか)島・鴎(かもめ)島があり、「東北の熱海(あたみ)」とよばれる。県立水族館・マリンパーク浅虫・ヨットハーバーなどがある。ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温80℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅虫温泉
あさむしおんせん

青森県中央部、青森市にある温泉。青森湾岸に臨む。平安時代末期に法然上人(ほうねんしょうにん)(源空)が奥州巡教のおり、傷ついたシカが湯あみするのを見て発見したと伝えられる。泉質は硫酸塩泉、単純温泉など。約15軒の旅館があり、第三セクター青い森鉄道(旧、JR東北本線)浅虫温泉駅下車。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浅虫温泉の関連キーワード青森県青森市青森平野単純泉湯ノ島観光地平内町横山同県海浜

浅虫温泉の関連情報