青葉アルコール

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青葉アルコール
あおばあるこーる
leaf alcohol

鎖状不飽和アルコールの一つ。IUPAC命名法では、3-ヘキセン-1-オールという。日本産ハッカ油、董葉油(とうようゆ)などの精油中に存在し、とくにチャの葉の中に多く含まれている。新緑の青葉の香気を有する無色の液体である。テトラヒドロフランまたはアセチレンから合成。現在ではアセチレンを直接原料とするのではなく、石油化学工業におけるイソプレン製造に伴う副産物のブチンから工業的に合成する方法が確立されている。人造花精油や花の香りをもつ各種の調合香料にグリーンノート(草を切ったときの香り)を付与するのに用いる。また食品香料(フレーバー)や誘引剤にも用途がある。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android