青鈍(読み)あおにび

色名がわかる辞典の解説

あおにび【青鈍】

色名の一つ。みの暗い灰色を表す伝統色名のこと。黒染に露草つゆくさの汁やあいをさして染めた染色。鈍色よりも少し緑みが強い。鈍色とは薄墨に藍をさして染めた暗い灰色をいい、古くは喪服の色であった。青鈍も凶事に用いられている。また、みの暗い灰色までを含むという説もあり、衣服のかさね色目いろめでいう青鈍は、表裏とも濃いはなだとされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あおにび【青鈍】

染め色の名。わずかに青みを含んだ灰色。喪中の人や出家が用いる。
かさねの色目の名。表裏とも濃い縹はなだ色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐にび あを‥【青鈍】

〘名〙
① 染色の名。濃い縹(はなだ)色。浅葱(あさぎ)色に、青みが混じった色。尼などが用いる色で、凶事や仏教関係の服飾に多く用いられる。
※源氏(1001‐14頃)初音「経、仏の飾り、はかなくしたる閼伽(あか)の具などもをかしげに〈略〉あをにびの几帳、心ばへをかしきに」
② 襲(かさね)の色目の名。表裏ともに、濃い縹(はなだ)色。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「四の宮、〈略〉あをにびの指貫(さしぬき)、同じ直衣、唐綾の柳襲奉りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android