青鈍(読み)あおにび

色名がわかる辞典の解説

あおにび【青鈍】

色名の一つ。みの暗い灰色を表す伝統色名のこと。黒染に露草つゆくさの汁やあいをさして染めた染色。鈍色よりも少し緑みが強い。鈍色とは薄墨に藍をさして染めた暗い灰色をいい、古くは喪服の色であった。青鈍も凶事に用いられている。また、みの暗い灰色までを含むという説もあり、衣服のかさね色目いろめでいう青鈍は、表裏とも濃いはなだとされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あおにび【青鈍】

染め色の名。わずかに青みを含んだ灰色。喪中の人や出家が用いる。
かさねの色目の名。表裏とも濃い縹はなだ色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android