青鞜派(読み)セイトウハ

デジタル大辞泉の解説

せいとう‐は〔セイタフ‐〕【青×鞜派】

18世紀以後、英国に起こった婦人参政権運動の一派
明治44年(1911)平塚らいてうを中心に結成された青鞜社に属する女流文学者の一派。雑誌「青鞜」によって封建道徳に挑戦し、婦人の解放を主張した。大正5年(1916)解体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいとうは【青鞜派】

雑誌「青鞜」によった女流文学者の一派。新しい思潮をもとに、婦人の自我確立、女権獲得、自由恋愛など婦人の解放を叫んだ。
一八世紀以後、イギリスで婦人参政権を唱えた一派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいとう‐は セイタフ‥【青鞜派】

〘名〙 (「青鞜(一)」から)
① 一八世紀以後、イギリスにおこった婦人参政権運動者の一派。
② 明治四四年(一九一一)、平塚らいてうを中心に組織された女流文学集団の一派。結社「青鞜社」、機関誌「青鞜」によって、女性だけの文芸評論や作品を発表し、旧道徳の打破、女性の解放を主張。大正五年(一九一六)、財政難のために「青鞜」を廃刊、一派も解体した。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「青踏派(セイタフハ)のやうな意味で興味を唆る女は未だ出現しない頃だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の青鞜派の言及

【青鞜】より

…反響は大きく,翌年神近市子,尾竹一枝,伊藤野枝らが参加,発行部数1000を約3倍に増した。女性の自我の覚醒と解放を求めたこれらの人々は〈青鞜派〉と呼ばれるようになった。13年社員の自由な行動が新聞にたたかれ,〈新しい女〉として世間の注目をあびると,3ヵ月にわたり婦人問題を特集し,岩野泡鳴,阿部次郎,福田英子ら外部からの批評と社員の女性論,エレン・ケイの紹介などを載せ,また講演会を開催して婦人解放を模索した。…

※「青鞜派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android