平塚らいてう(読み)ひらつか・らいちょう

朝日日本歴史人物事典「平塚らいてう」の解説

平塚らいてう

没年:昭和46.5.24(1971)
生年:治19.2.10(1886)
評論家,女性解放運動家。東京生まれ。本名明。会計検査院高官平塚定二郎と母光沢の3女。明治36(1903)年日本女子大に入学するが良妻賢母教育に失望,哲学書に親しみ,禅し自我を追求する。39年卒業後,成美女子英語学校に通い閨秀文学会に参加。41年森田草平と塩原(栃木県)で心中未遂事件を起こし世間の注目を浴びる。翌42年森田は事件を小説『煤煙』に描いて発表。生田長江に勧められ,44年9月女性のための文芸誌『青鞜』を発刊創刊の辞「元始,女性は太陽だった」は,今日に繋ぐ女権宣言となる。以後『青鞜』は女性解放思想の拠点となった。大正3(1914)年,5歳年下の画学生奥村博史と法律によらない自由な結婚を実践,1男1女をもうける。エレン・ケイの『恋愛と結婚』翻訳を契機に,その思想に共鳴,育児を社会的仕事と位置づけ,母性の尊重を主張した。7年,与謝野晶子,山川菊栄らと『婦人公論』誌上で,母性保護論争を展開。8年市川房枝,奥むめおらと初の女性による政治的市民団体・新婦人協会を結成。治安警察法案5条(婦人参政の禁止)改正を中心として対議会活動を行うが,2年後運動から退く。昭和5(1930)年高群逸枝らの無産婦人芸術連盟に参加,『婦人戦線』に関与した。また協同自治社会の理想をめざして,成城に消費組合を設立。第2次大戦後は,全面講和,再軍備反対の声明発表など,平和問題に発言。婦人団体連合会初代会長,新日本婦人の会代表委員なども歴任。終焉まで女性解放運動の先頭に立つ。<著作>『平塚らいてう著作集』全7巻・補1<参考文献>井手文子『平塚らいてう』

(山口美代子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

百科事典マイペディア「平塚らいてう」の解説

平塚らいてう【ひらつからいちょう】

婦人運動家,評論家。東京生れ。らいてうは雷鳥をかなにした筆名で本名は明(はる)。日本女子大学卒。1908年森田草平との心中未遂事件(煤煙事件)を起こす。1911年《青鞜》を創刊し,〈元始,女性は太陽であった〉に始まる発刊の辞を掲げた。やがて《青鞜》は婦人運動誌の色彩を持つようになる。1913年,《女としての樋口一葉》《新しい女》などを収めた《円窓(まるまど)より》を刊行するが発禁処分となる。1918年与謝野晶子母性保護論争を行い注目される。1920年市川房枝らと新婦人協会を結成し,婦人参政権運動に取り組む。第2次大戦後は恒久平和実現に向けて活動した。→フェミニズム
→関連項目ケイ世界母親大会女人芸術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「平塚らいてう」の解説

平塚らいてう
ひらつからいちょう

[生]1886.2.10. 東京
[没]1971.5.24. 東京
大正・昭和期の評論家,婦人運動家。本名奥村明(はる)。筆名は雷鳥をかな書きしたもの。1906年日本女子大学校(→日本女子大学)卒業。文学講座を通じて知り合った作家の森田草平と心中未遂事件を起こし,物議をかもした。スウェーデンの婦人運動家エレン・ケイの思想との影響を強く受け,1911年青鞜社をつくり,日本で初めての婦人雑誌『青鞜』(1911~16)を刊行,恋愛と結婚の自由を説き,婦人解放への道を開いた。また 1920年には,婦人の政治的自由を要求する団体,新婦人協会市川房枝らと発足させた。(→婦人運動

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「平塚らいてう」の解説

平塚らいてう ひらつか-らいちょう

1886-1971 大正-昭和時代の婦人運動家。
明治19年2月10日生まれ。44年婦人文芸誌「青鞜(せいとう)」を創刊,女性の解放を主張し,新しい女の生き方を実践。大正9年市川房枝らと新婦人協会をつくり,婦人参政権運動をすすめる。戦後は反戦平和運動に力をそそいだ。昭和46年5月24日死去。85歳。東京出身。日本女子大卒。本名は奥村明(はる)。著作に「円窓(まるまど)より」「わたくしの歩いた道」など。
格言など】元始,女性は実に太陽であった(「青鞜」創刊の辞)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「平塚らいてう」の解説

ひらつか‐らいちょう【平塚らいてう】

婦人運動家、評論家。「らいてう」は雷鳥を仮名書きしたもの。東京出身。本名奥村明(はる)。日本女子大学卒。明治四四年(一九一一)、青鞜社を創立。婦人解放をうたった「青鞜」を発刊した。大正九年(一九二〇)には市川房枝らと新婦人協会を結成し婦人参政権運動を起こした。第二次世界大戦後は平和運動に力を注ぎ、昭和二八年(一九五三)、日本婦人団体連合会会長。著「元始、女性は太陽であった」「わたくしの歩いた道」など。明治一九~昭和四六年(一八八六‐一九七一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「平塚らいてう」の解説

平塚らいてう
ひらつからいちょう

1886〜1971
明治〜昭和期の女性運動家
本名明 (はる) 。東京の生まれ。日本女子大卒。1911年女性だけの近代文学グループ青鞜 (せいとう) 社を結成し,機関誌『青鞜』を発刊。'20年女性解放を目的とした日本最初の女性団体新婦人協会を設立し,女性参政権を要求するなど女性運動の先駆をなす。第二次世界大戦後は平和運動に尽力した。著書自伝『元始,女性は太陽であった』がある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「平塚らいてう」の解説

ひらつか‐らいちょう〔‐ライテウ〕【平塚らいてう】

[1886~1971]評論家・婦人運動家。東京の生まれ。本名、はる。明治44年(1911)、女性文芸誌「青鞜」を発刊。のち、市川房枝奥むめおらと、女性の地位向上を目ざす新婦人協会を結成して婦人参政権運動を展開。自伝「元始、女性は太陽であった」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「平塚らいてう」の解説

ひらつからいちょう【平塚らいてう】

1886‐1971(明治19‐昭和46)
女性解放運動家。本名奥村明(はる)。筆名は雷鳥をかなにしたもの。東京都千代田区麴町に生まれ,知的で裕福な家庭(父平塚定二郎は会計検査院次長)に育ち,日本女子大学校(のちの日本女子大学)家政科に入学。在学中に文学,哲学,宗教などの本を読み,寮友のすすめで参禅する。1906年卒業後英語を学ぶ。08年作家森田草平と塩原心中未遂事件(煤煙事件)を起こし世人を驚愕させた。11年生田長江にすすめられ,母から資金を出してもらい,婦人文芸集団青鞜社を興し,同人誌青鞜》を発刊以後,編集と経営にあたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の平塚らいてうの言及

【女性運動】より

… 廃娼運動を支えた前近代的家族への批判,男女の人格的平等の思想は,恋愛の賛美,女性の自我の覚醒の主張へとつながっていく。与謝野晶子,平塚らいてう,伊藤野枝,神近市子らは,家族制度に抵抗して恋愛の自由を主張し,実践した。また1911年,平塚らいてうは雑誌《青鞜》を発刊し,女性の埋もれた才能の発見を訴え,自我の確立を説いた。…

【新婦人協会】より

…大正時代に婦人の社会的・政治的地位の向上を求めて活動した婦人団体。1919年(大正8)11月平塚らいてうが呼びかけ,市川房枝奥むめおらが応じて,20年3月発会式。男女の機会均等,家庭の社会的意義の闡明(せんめい),婦人・母・子どもの権利擁護を綱領に掲げ,最初の運動として,女子の政治的活動を封じている治安警察法5条の改正と花柳病にかかった男子の結婚制限問題にとりくんだ。…

【青鞜】より

…日本で最初の女流文芸同人誌で,誌名はイギリスの〈ブルーストッキング〉にちなむ。平塚らいてうと日本女子大同窓生らを発起人とし,与謝野晶子,長谷川時雨(しぐれ),野上弥生子,田村俊子ら女流作家を加えた女性のみ30名の青鞜社の同人誌として,1911年(明治44)9月に発刊。月刊誌。…

【母親大会】より

…日常生活のさまざまな問題や教育,平和などについて母親の立場から話し合い,連帯を深めることを目的に開催される大会。1954年3月ビキニ水域でのアメリカの水爆実験に抗議して,日本婦人団体連合会会長平塚らいてうは国際民主婦人連盟にあてて〈原水爆禁止をのぞむ日本婦人の訴え〉を送った。この訴えが支持され,55年7月にスイスのローザンヌで世界母親大会が開かれた(参加68ヵ国,1060人,日本からは団長の河崎なつら14人)。…

【ブルーストッキング】より

…いずれにせよ18世紀以降は,文学や芸術に興味をいだくインテリ女性に対して冷やかし半分に与えられる呼称として定着した。日本では〈青鞜派〉と訳され,平塚らいてうらは自分たちの機関誌を《青鞜》と名づけることによって,むしろ女性の知的独立宣言という,肯定的な意味合いを強調している。【川崎 寿彦】。…

【森田草平】より

…それらの体験が後年《夏目漱石》正・続(1942‐43)の実感的漱石論を生む。他方平塚らいてうとの恋愛事件(1908)に取材した長編《煤煙(ばいえん)》(1909)を発表,知識人男女の恋愛を通して近代の不安を描く作として世評を呼び,その続編《自叙伝》(1911)を書く。大正期には創作よりも翻訳を多く手がけたが,23‐25年の自伝的長編《輪廻(りんね)》で復活,以後《吉良家の人々》(1929)その他の歴史小説を多く執筆した。…

※「平塚らいてう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android