コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静電塗装 せいでんとそうelectrostatic painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静電塗装
せいでんとそう
electrostatic painting

コロナ放電を利用して塗料微粒子を負に帯電し,静電力により接地電位にある物体表面に塗装する方法。普通の噴霧塗装と比較して塗料の飛散が少く,一様な品質のよい塗装ができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいでん‐とそう〔‐トサウ〕【静電塗装】

負に帯電した塗料を、接地(アース)により正極となった被塗物に噴霧すること。その向きや凹凸によらず被塗物全体に塗料が付着し、また少ない使用量で済む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

静電塗装【せいでんとそう】

金属への吹付塗装に際し,塗料噴霧装置に負の直流高電圧をかけて塗料微粒子を帯電させ,接地した被塗装物との間の静電気的な力を利用して塗装する方法。従来の吹付塗装に比べ,塗料のむだをはぶき,均一の塗装面が得られ,かつ大量生産に向くため工業的に広く利用されている。
→関連項目塗装

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいでんとそう【静電塗装 electrostatic finishing(coating)】

静電塗装置,乾燥装置等を備えた一連の塗装装置で塗装仕上げを完了する工程。静電塗りとは,接地した被塗物を陽極とし,塗料噴霧装置を陰極として,これに負の高電圧を与えて両極間に静電界をつくり,噴霧させた塗料粒子を負に帯電させて,反対極である被塗物に効率よく塗料を付着させることである。静電塗装機には二つの型があり,一つは静電気の力で塗料を微粒化し,この粒子を静電力で被塗物に付着させる方式(静電霧化式)であり,他は塗料を機械的な力,たとえば圧縮空気や塗料にかかる高圧力でスプレーガンから噴射させて微粒化し,これに電荷を与える方式(エア霧化式,エアレス霧化式)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静電塗装
せいでんとそう
electrostatic coating

1940年アメリカのランズバーグHarold P. Ransburg(1911―91)により開発されたスプレー塗装法の一種。アースした被塗物を正極、塗料噴霧装置を負極とし、直流高電圧(70キロ~100キロボルト)をかけて両極間に静電界をつくり、塗料微粒子を負に帯電させて、電気力線に沿って飛行させ、正極の被塗物に塗着させる塗装法。
 この方法での塗装は、従来の方法に比べ、塗料の節減、塗装速度の向上、省力化、公害の低減、作業環境の改善など多くの利点をもつため、自動車、オートバイ車体および関連部品、鉄道車両、家電製品、スチール事務機器、住宅関連部品その他大量生産の工業製品の塗装に、現在広く採用されている。静電塗装装置には、塗料の微粒子化を静電気の力で行う静電霧化方式と、圧縮空気など機械的な力を利用するガン型塗装機があり、前者は主として回転円盤型電極を使用し、塗着効率が高い。後者は塗着効率はやや落ちるが、取扱いが手軽で均一塗装性が優れている。[岡原光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の静電塗装の言及

【静電気】より

…静電気応用の大部分は静電気力の利用が占めている。すなわち,工場の排煙や室内空気中の微粒子をコロナ放電を利用して荷電させ,クーロン力で除去する電気集塵,同じ原理で液体や粉体の塗料や農薬を対象に塗着する静電塗装,静電農薬散布がある。短繊維を用いるとあらかじめのりを塗った布や金属の表面に繊維を垂直に植毛でき(静電植毛),また導体と絶縁物などの分離も可能である(静電選別)。…

※「静電塗装」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

静電塗装の関連キーワード

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android