コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靡く ナビク

デジタル大辞泉の解説

なび・く【×靡く】

[動カ五(四)]
風や水の勢いに従って横にゆらめくように動く。「柳が風に―・く」
他の意志や威力などに屈したり、引き寄せられたりして服従する。また、女性が男性に言い寄られて承知する。「威光に―・く」「いくら口説いても―・かない」
[動カ下二]なびける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なびく【靡く】

( 動五[四] )
草や布などの先端が風や水の流れに従って横に傾き伏す。 「旗が風に-・く」 「煙が-・く」 「妹が門見む-・けこの山/万葉集 131
相手の威力に引き寄せられて、従う。また、女性が男性に言い寄られて受け入れる。 「主流派に-・く」 「お嬢さんはどつちへ-・いたかい/草枕 漱石
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

靡くの関連キーワード沖つ藻の枝を連ぬ田口運蔵万葉集威光山歌草木

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

靡くの関連情報