面色(読み)めんしょく(英語表記)film colour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「面色」の解説

面色
めんしょく
film colour

ともいう。 D.カッツにより分類,記述された色の現れ方の一種で,空の色やスペクトルの色や開口色 (ついたての小穴を通して見た色) と共通の現れ方をするすべての色をさす。一般的に距離感が不確定で,二次元に広がっているように感じられるが,その面は柔らかく,厚みがあって,ときに周囲の条件により湾曲して見えることもある。 (→空間色 , 表面色 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「面色」の解説

めん‐しょく【面色】

〘名〙 かおいろ。顔色
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈朝野鹿取〉「妾本長安恣驕奢、衣香面色一似花」
※風姿花伝(1400‐02頃)二「めんしょくをば似すべき道理もなきを、常の顔に変へて、顔気色をつくろう事あり」 〔王維‐扶南曲歌詞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android