コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面色 めんしょくfilm colour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面色
めんしょく
film colour

平面ともいう。 D.カッツにより分類,記述された色の現れ方の一種で,空の色やスペクトルの色や開口色 (ついたての小穴を通して見た色) と共通の現れ方をするすべての色をさす。一般的に距離感が不確定で,二次元に広がっているように感じられるが,その面は柔らかく,厚みがあって,ときに周囲の条件により湾曲して見えることもある。 (→空間色 , 表面色 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

めん‐しょく【面色】

かおいろ。顔色(がんしょく)。
「―忽ち変って土の如く」〈露伴・新浦島〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めんしょく【面色】

顔の色。かおいろ。 「 -土のごとし」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

面色の関連キーワードカッツ(David Katz)マンセルの表色系タルクィニア色(いろ)火吹き達磨安全色彩色の体系色の恒常見咎める色立体反射色たたら物体色色票奇醜蒼然

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面色の関連情報