靱皮繊維(読み)じんぴせんい

精選版 日本国語大辞典の解説

じんぴ‐せんい ‥センヰ【靱皮繊維】

〘名〙 植物の篩部繊維および皮層繊維。強靱で抵抗性が強い。コウゾ、ミツマタの靱皮繊維からは和紙が、アサ、アマからは糸がつくられる。広義には茎の形成層の外側部分でとれるすべての繊維をいう。じんぴ。〔児童工業物語(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android