コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響銅/胡銅器 サハリ

世界大百科事典 第2版の解説

さはり【響銅】

銅にスズ,鉛を加えた合金で,たたくと良い音を発するため響銅と書かれ,佐波理とも書かれる。その語源は《箋注和名抄》では,鈔鑼が沙不良,佐波利と転訛したものという。正倉院文書に〈羅五重鋺〉という記述があり,〈羅〉は佐波理を指すものと推定される。佐波理は鋳造,挽物(ひきもの)仕上げに適した銅合金で,東京国立博物館の法隆寺献納宝物中の加盤などがこれに当たると考えられる。正倉院宝物中の加盤の表面観察結果では,銅にスズ,鉛が数%含まれていることが報告されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の響銅/胡銅器の言及

【銅合金】より

…近代の白銅はニッケルを指している。(3)佐波理(さはり) 銅にスズ,鉛を加えた合金で,たたくとよい音を発するため響銅(さはり)とも書く。サハリの語は《和名抄》によると新羅の〈サフラ〉から転訛したという。…

※「響銅/胡銅器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

響銅/胡銅器の関連キーワードサワリ挽物打鳴引鏧

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android