コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須田剋太 すだ こくた

美術人名辞典の解説

須田剋太

洋画家。埼玉県生。本名は勝三郎。文展日展をはじめ現代日本美術展・国際展等で活躍する。力強く奔放なタッチによる生命力のある表現が異彩を放つ。書・陶芸でも知られる。また司馬遼太郎の『街道をゆく』の挿絵を担当、講談社出版文化賞を受賞した。国画会会員。平成2年(1990)歿、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

須田剋太【すだこくた】

画家。埼玉県生れ。本名勝三郎。熊谷中学卒。1935年光風会入選,1940年同会員となる。1949年の退会後は国画会で活躍。力強く荒々しい作風で風景や静物などを描いた。司馬遼太郎《街道を行く》の挿絵や書,陶芸も制作。多くの作品が埼玉県立近代美術館,飯田市美術博物館に所蔵されている。
→関連項目新樹会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須田剋太 すだ-こくた

1906-1990 昭和時代の洋画家。
明治39年5月1日生まれ。光風会に所属し,昭和14年,17年の新文展,22年日展で特選。24年国画会会員となる。奔放で力づよい画風を確立した。平成2年7月14日死去。84歳。埼玉県出身。熊谷中学卒。本名は勝三郎。作品に「読書する男」「ピンクのターバン」など,画集に「原画街道をゆく」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須田剋太の関連キーワード中土佐町立美術館朝井閑右衛門入江泰吉昭和時代上司海雲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android