コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須田剋太 すだ こくた

3件 の用語解説(須田剋太の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

須田剋太

洋画家。埼玉県生。本名は勝三郎。文展・日展をはじめ現代日本美術展・国際展等で活躍する。力強く奔放なタッチによる生命力のある表現が異彩を放つ。書・陶芸でも知られる。また司馬遼太郎の『街道をゆく』の挿絵を担当、講談社出版文化賞を受賞した。国画会会員。平成2年(1990)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

須田剋太【すだこくた】

画家。埼玉県生れ。本名勝三郎。熊谷中学卒。1935年光風会入選,1940年同会員となる。1949年の退会後は国画会で活躍。力強く荒々しい作風で風景や静物などを描いた。
→関連項目新樹会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須田剋太 すだ-こくた

1906-1990 昭和時代の洋画家。
明治39年5月1日生まれ。光風会に所属し,昭和14年,17年の新文展,22年日展で特選。24年国画会会員となる。奔放で力づよい画風を確立した。平成2年7月14日死去。84歳。埼玉県出身。熊谷中学卒。本名は勝三郎。作品に「読書する男」「ピンクターバン」など,画集に「原画街道をゆく」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

須田剋太の関連キーワード黒田重太郎太田三郎油谷達有馬三斗枝生沢朗今井憲一大森商二刑部人佐川敏子佐野ぬい

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

須田剋太の関連情報