コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須陀洹 しゅだおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須陀洹
しゅだおん

サンスクリット語 srotaāpannaの音写。流れにあずかる者の意で,部派仏教の修行者の修行段階の第1。煩悩を初めて脱した境地。預流に同じ。声聞の四果のなかの初果をいう。 (→四向四果 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅだおん〔シユダヲン〕【××洹】

《〈梵〉srota-āpannaの音写。流れに入る意。預流(よる)と訳す》仏語。煩悩を脱して聖者の境地に入った位。四果(しか)の第一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅだおん【須陀洹】

〘仏〙 小乗における修行階位四果中の初果。三界の迷いを断ち、四諦したいを明白に認識した境地。預流よる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

須陀洹の関連キーワード小乗三界迷い

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android