コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風神雷神図屏風 ふうじんらいじんずびょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風神雷神図屏風
ふうじんらいじんずびょうぶ

落款も印章もないが俵屋宗達の最高傑作と認められている作品。建仁寺蔵。国宝。風神,雷神は古来仏画や絵巻に描かれたが,宗達はその姿態を『北野天神縁起絵巻』によっている。二神金屏風の左右に遠く離し,大きな金地の余白を天空としたこと,姿態や表情に滑稽味を与え,色彩の対比を効果的に用いた点などに,宗達の絵画構成の真骨頂がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

風神雷神図屏風の関連キーワード酒井抱一尾形光琳元禄文化落款

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風神雷神図屏風の関連情報