コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香北 かほく

2件 の用語解説(香北の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香北
かほく

高知県東部,香美市中部の旧町域。物部川中流域を占める。 1961年大宮町と在所村が合体して香北町が発足。 2006年土佐山田町,物部村と合体して香美市となる。農林業を主とし,古くから韮生米 (にろうまい) ,チャ (茶) の産地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香北
かほく

高知県北東部、香美(かみ)郡にあった旧町名(香北町(ちょう))。現在は香美(かみ)市の中部を占める地域。1956年(昭和31)美良布(びらふ)町と暁霞(ぎょうか)村が合併して大宮町となり、1961年在所(ざいしょ)村と合併して香北町となった。2006年(平成18)土佐山田町、物部(ものべ)村と合併して市制施行、香美市となる。国道195号が通じる。物部(ものべ)川中流の河岸段丘上にあり、比較的平坦(へいたん)地が多く、近世には韮生野(にろうの)とよばれ穀倉地帯をなした。米、薪炭、コウゾは物部川水運によって高知、土佐山田へ送られたが、明治以後道路が整備され、水運は衰退した。現在も酒米としても利用される韮生米のほか、ニラ、ショウガなどを生産するが、近年は高知市への通勤兼業も多い。物部川の電源開発が進み、永瀬、吉野のダムがある。永瀬ダムの下流には猪野沢(いのさわ)温泉があり、一帯は奥物部県立自然公園となっている。物部川の支流の日比原(ひびわら)川にある轟(とどろき)の滝は県の天然記念物および名勝に指定されている。[正木久仁]
『『香北町史』(1968・香北町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香北の関連情報