コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物部川 ものべがわ

6件 の用語解説(物部川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物部川
ものべがわ

高知県東部,土佐湾に注ぐ川。全長約 70km。剣山地白髪山付近に発し,槇山川,上韮生 (かみにろう) 川などを合せ,下流域は高知平野東半部の香長平野扇状地を形成する。近世以降,山田堰,野市堰などの堰堤が設けられ,山田用水,野市用水,物部用水が整備されて両岸の平地,台地を灌漑している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ものべ‐がわ〔‐がは〕【物部川】

高知県東部を流れる川。四国山地中央部の白髪(しらが)山東斜面に源を発して南西流し、穀倉地帯の香長(かちょう)平野(高知平野東半部)を流れ香南(こうなん)市吉川(よしかわ)で土佐湾に注ぐ。長さ71キロ。香美(かみ)市物部町で物部川水系の上韮生(かみにろう)川を合流して物部川本流となる。中流域は河岸段丘が発達している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

物部川【ものべがわ】

高知県東部の川。長さ71km。流域面積508km2。剣山地に発する槙山川が南西流し,久保川,上韮山川を合わせ,土佐山田町(現・香美市)から高知平野東部を南流して土佐湾に注ぐ。
→関連項目高知[県]高知平野

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ものべがわ【物部川】

高知県東部中央をほぼ南西流して土佐湾に注ぐ川。香美郡物部村北東部の白髪山(1770m)の東斜面に源を発した槙山川が,渓谷美で知られる剣山国定公園中の別府(べふ)峡を南流,さらに南西に向きを変えて物部村の中心地大栃で,徳島県境の三嶺(さんれい)(1893m)の南斜面に源を発する上韮生(かみにろう)川と合流,香北町を経て土佐山田町杉田(すいた)付近で南に方向を転じ,香長平野(高知平野)に出て吉川村で土佐湾に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕物部川(ものべがわ)


高知県東部を流れる川。1級河川(物部川水系)。延長71km。流域面積508km2。上流部は槇山(まきやま)川とも。剣(つるぎ)山地の白髪(しらが)山(標高1770m)東腹に源を発し、南西流して高知平野に出、南流して香南(こうなん)市で土佐(とさ)湾に注ぐ。上流部は激しく曲流し中流域にかけて河岸段丘が発達。治水・発電用の永瀬(ながせ)ダムがある。下流域は高知平野南東部で、ハウス園芸が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物部川
ものべがわ

高知県中東部を南西流して土佐湾に注ぐ川。一級河川。延長71キロメートル。流域面積508平方キロメートル。上流は槇山(まきやま)川とよばれ、四国山地東部の剣山(つるぎさん)山系白髪(しらが)山東斜面に源を発し、西流して香美(かみ)市物部町(ものべちょう)大栃(おおどち)で上韮生(かみにろう)川と合流して物部川となり、河岸段丘を発達させながら南流し、下流に扇状地性低地・台地の香長(かちょう)平野(高知平野東半部)をつくり、香南(こうなん)市吉川町(よしかわちょう)地区で土佐湾に入る。支流上韮生川には西熊渓谷などがあり上流域一帯は奥物部県立自然公園域。第二次世界大戦後、中・上流は電源開発が進み、永瀬ダムなどがつくられた。下流の沖積低地には弥生(やよい)期の水田跡、条里遺構もみられる。土佐農業の中核地で、かつては稲の二期作が行われたが、現在は施設園芸が盛ん。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物部川の関連キーワード安芸奈半利川赤岡[町]中土佐[町]奈半利[町]高知県安芸市大方〈町〉高知県安芸郡芸西村佐賀〈町〉高知県安芸郡田野町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物部川の関連情報