コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場鍈一 ばば えいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場鍈一 ばば-えいいち

1879-1937 大正-昭和時代前期の官僚,政治家。
明治12年10月5日生まれ。大蔵省勤務をへて,大正11年法制局長官。同年貴族院議員。昭和2年日本勧業銀行総裁。11年広田内閣蔵相となり,軍拡予算をくみ,増税と公債増発を断行した。翌年第1次近衛(このえ)内閣内相。昭和12年12月21日死去。59歳。東京出身。東京帝大卒。旧姓は山本。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばばえいいち【馬場鍈一】

1879‐1937(明治12‐昭和12)
大正・昭和期の財政家政治家。東京帝国大学法科を卒業後大蔵省に入る。のち法制局に転じ,1922年3月長官となる。同年12月貴族院議員となり,近衛文麿を助けて活動した。27年日本勧業銀行総裁となり,37年までその任にあった。二・二六事件で大蔵大臣高橋是清が暗殺されたあと36年3月,軍部に推されて広田弘毅内閣の蔵相となり,高橋前蔵相の公債漸減政策の放棄を表明し,37年度予算の編成に当たっては軍部の要求する軍事費の急膨張を認め,前年度の予算規模を3分の1近く上回る予算を組み,そのための財源を公債増発と増税に求める方針をうち出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばばえいいち【馬場鍈一】

1897~1937) 政治家。1936年(昭和11)広田内閣蔵相として、増税と公債発行による軍事費拡大をはかるインフレ政策(馬場財政)を推進した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬場
ばばえいいち
(1879―1937)

大正・昭和初期の官僚、政治家。明治12年10月5日、東京の山本家に生まれ、のちに馬場家の養子となる。東京帝国大学法科卒業。1903年(明治36)大蔵省に入り、韓国財政監査官、法制局参事官を経て、1922年(大正11)法制局長官、貴族院議員(研究会所属)、1927年(昭和2)日本勧業銀行総裁となる。1936年、二・二六事件直後の広田弘毅(ひろたこうき)内閣の蔵相となるや、公債漸減主義の放棄、増税、低金利政策、すなわち高橋財政からの決別を表明。性急に軍拡、増税を目ざした馬場財政は、財界にも大きな動揺を与えた。1937年6月、軍部の推薦で第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の内相となったが、同年12月21日病没。[疋田康行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の馬場鍈一の言及

【準戦体制】より

…日中戦争直前期から開戦初期にかけての戦争準備体制または戦時に準ずる体制を指す用語。広田弘毅内閣の馬場鍈一蔵相が,1936年10月関西財界有力者との懇談会の席上,政府の増税案を説明した際,〈現下の情勢は財政について準戦時経済体制の採用を必要ならしめており,今回の税制改革案はこれらの事情を考慮して立案した〉と語ったことから時局用語として用いられるようになった。その後37年7月7日に日中戦争が勃発し,戦争が華北の一部にかぎられていた初期には準戦時体制という用語が用いられたこともあったが,9月2日の政府による〈北支事変〉の〈支那事変〉への呼称変更,9月4~8日の第72臨時議会での臨時軍事費予算と戦時統制立法の可決などをへて,戦争の全面化が明白になるにつれ,準戦時体制は戦時体制へ移行したと考えられるようになった。…

※「馬場鍈一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬場鍈一の関連キーワード結城豊太郎準戦体制馬場財政

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android