コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鐸 ばたく

4件 の用語解説(馬鐸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬鐸
ばたく

通常,馬の胸繋 (むながい。→三繋〈さんがい〉) につける装飾品,ならびに音を発する馬具。青銅製,扁円筒形で,形は銅鐸に似て内部に舌を有する。中国では殷代にその祖型がある。日本では古墳時代後期から知られるが,下縁が弧形で高さ 15cm内外,文様は珠文,格子文が片面にだけ鋳出されるのが普通である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ば‐たく【馬×鐸】

馬具の一。中につるした棒と触れ合って鳴る青銅製の小さな鈴。日本では古墳時代の飾り馬の胸につるした。中国では馬鈴とよぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばたく【馬鐸】

馬につける円錐形ないしやや扁平な筒形の青銅製品で,内部に舌(ぜつ)を垂下し,頂部の鈕(ちゆう)によって馬の頸(くび)や胸に下げ,馬の歩みにつれて音を出す。筒の下縁が直線のものと弧形をなすものとがある。中国では馬鈴(ばれい)という。しかし単独で発見されると,犬,ヤギ,牛あるいはラクダなどに下げたものとの区別はできない。カフカス起源の馬鐸は,前8世紀のウラルトゥの遺物や,アッシリアの壁画,浮彫に見られるように直線型であるが,東アジアで殷代から行われたのは多くが弧形型である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばたく【馬鐸】

馬具の一。扁平な筒形の内部に舌ぜつを下げた青銅器。胸繫むながいなどにつけ、馬の歩みで鳴る。中国の殷いん代から見られ、朝鮮・日本に伝わる。馬鈴。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬鐸の関連キーワードコイルばね粘土板文書ピンゴ甘食円錐形鎌脚虫底引網彫付けるストロモコノリスコルネ型

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone