コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鐸 ばたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬鐸
ばたく

通常,馬の胸繋 (むながい。→三繋〈さんがい〉) につける装飾品,ならびに音を発する馬具。青銅製,扁円筒形で,形は銅鐸に似て内部に舌を有する。中国では殷代にその祖型がある。日本では古墳時代後期から知られるが,下縁が弧形で高さ 15cm内外,文様は珠文,格子文が片面にだけ鋳出されるのが普通である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ば‐たく【馬×鐸】

馬具の一。中につるした棒と触れ合って鳴る青銅製の小さな鈴。日本では古墳時代飾り馬の胸につるした。中国では馬鈴とよぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばたく【馬鐸】

馬につける円錐形ないしやや扁平な筒形の青銅製品で,内部に舌(ぜつ)を垂下し,頂部の(ちゆう)によって馬の頸(くび)や胸に下げ,馬の歩みにつれて音を出す。筒の下縁が直線のものと弧形をなすものとがある。中国では馬鈴(ばれい)という。しかし単独で発見されると,犬,ヤギ,牛あるいはラクダなどに下げたものとの区別はできない。カフカス起源の馬鐸は,前8世紀のウラルトゥ遺物や,アッシリア壁画浮彫に見られるように直線型であるが,東アジアで殷代から行われたのは多くが弧形型である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばたく【馬鐸】

馬具の一。扁平な筒形の内部に舌ぜつを下げた青銅器。胸繫むながいなどにつけ、馬の歩みで鳴る。中国の殷いん代から見られ、朝鮮・日本に伝わる。馬鈴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

馬鐸の関連キーワード金鈴塚古墳鐘(楽器)青銅器朝鮮

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android