コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒井哲郎 こまいてつろう

百科事典マイペディアの解説

駒井哲郎【こまいてつろう】

版画家。東京生れ。東京美術学校卒。西田武雄主宰の日本エッチング研究所で銅版画を学ぶ。フランス語,建築設計なども学ぶが,1944年陸軍召集。第2次大戦後,日本版画協会,春陽会などに出品。
→関連項目町田市立国際版画美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒井哲郎 こまい-てつろう

1920-1976 昭和時代の版画家。
大正9年6月14日生まれ。西田武雄に銅版画をまなび,昭和16年新文展に入選。26年春陽会会員となり,第1回サンパウロ-ビエンナーレで受賞。29-30年滞仏。幻想的な作風で知られ,詩画集もおおい。47年東京芸大教授。昭和51年11月20日死去。56歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「束(つか)の間の幻影」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒井哲郎
こまいてつろう
(1920―1976)

版画家。東京生まれ。慶応義塾普通部(旧制中学)在学中に日本エッチング研究所で西田武雄(たけお)に銅版画を習い始める。東京美術学校油絵科在学中に文展に銅版画が入選し、1942年(昭和17)同校を卒業。48年(昭和23)日本版画協会で受賞、会員となる。51年春陽会版画部会員となり、サンパウロ・ビエンナーレ展で『束の間(つかのま)の幻影』が受賞。54~55年パリ国立美術学校でビュラン(彫刻銅版)を学ぶ。東京芸術大学教授として後進を指導したほか、詩画集の仕事が多い。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

駒井哲郎の関連キーワード東広島市立美術館熊本県立美術館古野 由男西田 武雄昭和時代浜田知明深沢幸雄安東次男古野由男実験工房中林忠良中村稔南画廊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駒井哲郎の関連情報