コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町田市立国際版画美術館 まちだしりつこくさいはんがびじゅつかん

3件 の用語解説(町田市立国際版画美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町田市立国際版画美術館
まちだしりつこくさいはんがびじゅつかん

1987年4月,東京都町田市原町田の芦ヶ谷公園内に日本初の版画を中心とした公立美術館として開館。 15世紀から現代にいたるヨーロッパの作家 (M.ションガウアーデューラーレンブラント,G.ピラネージ,ゴヤ,マネ,ムンクルオーシャガールなど) と,8世紀の日本の印仏・摺仏,江戸以降の日本の作家 (歌川広重葛飾北斎小林清親伊東深水棟方志功駒井哲郎など) の版画作品約1万 2000点を収蔵する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

町田市立国際版画美術館【まちだしりつこくさいはんがびじゅつかん】

東京都町田市原町田にある美術館。1987年開館。版画を中心とした収集・展示を行う。デューラーレンブラントから浮世絵畦地梅太郎駒井哲郎ら戦後の作家まで約1万5000点を収めるほか,独自の企画展や実技教育も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の美術館・博物館INDEXの解説

まちだしりつこくさいはんがびじゅつかん 【町田市立国際版画美術館】

東京都町田市にある美術館。昭和62年(1987)創立。版画の専門美術館。浮世絵師歌川広重の「東海道五拾三次」など、国内外の版画作品を収蔵・展示する。市民に対する版画制作の実技指導も行う。
URL:http://hanga-museum.jp/
住所:〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1
電話:042-726-2771

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町田市立国際版画美術館の関連キーワード東京都町田市相原町東京都町田市小川東京都町田市金井町東京都町田市図師町東京都町田市忠生東京都町田市中町東京都町田市原町田東京都町田市本町田東京都町田市三輪町東京都町田市山崎町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

町田市立国際版画美術館の関連情報