コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束の間 ツカノアイダ

デジタル大辞泉の解説

つか‐の‐あいだ〔‐あひだ〕【束の間】

つかのま」に同じ。
「紅の浅葉の野らに刈る草(かや)の―も我(あ)を忘らすな」〈・二七六三〉

つか‐の‐ま【束の間】

《一(ひとつか)、すなわち指4本の幅の意から》ごく短い時間。ちょっとの間。「束の間の夢」「束の間も忘れない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つかのあいだ【束の間】

つかのま」に同じ。 「 -も我忘れめや/万葉集 110

つかのま【束の間】

〔指四本で握るほどの長さの意〕
わずかの時間。ほんのちょっとのあいだ。 「 -の栄華」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

束の間の関連キーワード日下部 満三:カンツォーネ ダ ソナーレ/piano soloシャルル・バン レルベルグディーン ディクソンフランツ カフカバン・レルベルグ一服の清涼剤駒井 哲郎シルエット分裂組織大成修司回折格子草壁皇子駒井哲郎邯鄲の夢四郎探母須弥壇中村稔寿桂尼果無い万葉集

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

束の間の関連情報