高ナトリウム血症(読み)こうナトリウムけっしょう(英語表記)hypernatremia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高ナトリウム血症
こうナトリウムけっしょう
hypernatremia

血液中のナトリウム濃度が異常に高い状態。脱水症で発汗が多いとき,高温環境における作業や水分の摂取不足,高張食塩水を注射したとき,副腎皮質刺激ホルモン (ACTH) や副腎皮質ホルモンの長期投与によって尿細管のナトリウム再吸収が増加したとき,などに起る。皮膚や粘膜の乾燥,血圧低下,頻脈などの脱水症状が現れる。また,体内にナトリウムが増加すると,水分を蓄積させるため,浮腫が生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうナトリウム‐けっしょう〔カウ‐ケツシヤウ〕【高ナトリウム血症】

血液中のナトリウム濃度が正常値を超えて上昇した状態。下痢・嘔吐・発熱等による脱水、水分の摂取不足、利尿薬の服用、尿崩症などで起こる。血漿浸透圧が上昇し、悪化すると痙攣昏睡・脳機能不全などを起こすことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

高ナトリウム血症

 血漿のナトリウム濃度が異常に高い状態もしくはそれによってもたらされる症状.アルドステロン過剰,食塩の過剰摂取などが原因となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高ナトリウム血症の関連情報