高岡智照(読み)たかおか ちしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高岡智照 たかおか-ちしょう

1896-1994 昭和-平成時代の尼僧。
明治29年4月22日生まれ。41年大阪で舞子となり,44年東京新橋にうつり照葉と名のる。自伝をかいて文学芸者とよばれた。のち女優,バーのマダムなどをしながら文筆活動をつづける。昭和9年出家して智照と改名。11年京都祇王寺の庵主となる。瀬戸内寂聴の小説「女徳」の主人公のモデル。平成6年10月22日死去。98歳。奈良県出身。旧姓は橋本。本名は辰子。著作に「花喰鳥」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android