コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸内寂聴 セトウチジャクチョウ

デジタル大辞泉の解説

せとうち‐じゃくちょう〔‐ジヤクチヤウ〕【瀬戸内寂聴】

[1922~ ]小説家。徳島の生まれ。旧名、晴美。女性の愛と性を描いた伝記私小説を執筆。作品に「夏の終り」「かの子撩乱」「美は乱調にあり」「花に問え」「場所」など。昭和48年(1973)天台宗得度。平成18年(2006)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬戸内寂聴 せとうち-じゃくちょう

1922- 昭和後期-平成時代の小説家。
大正11年5月15日生まれ。学生結婚し,昭和25年に離婚,作家生活にはいる。35年「田村俊子」で田村俊子賞。「かの子撩乱」「美は乱調にあり」などの伝記文学のほか,「夏の終り」(38年女流文学賞)などの私小説系列の作品もある。48年得度受戒,天台宗大律師となり,京都嵯峨野(さがの)に寂庵をむすぶ。平成9年文化功労者。10年現代語訳「源氏物語」を刊行。18年文化勲章。19年比叡山延暦寺禅光坊住職。23年「風景」で泉鏡花文学賞。徳島県出身。東京女子大卒。本名は晴美。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬戸内寂聴
せとうちじゃくちょう
(1922― )

小説家。本名晴美。大正11年5月15日、徳島市の神仏具商の家に生まれる。小学生のころから世界・日本文学全集を読破。東京女子大学国語専攻部に在学中に外務省留学生と結婚、中国の北京(ペキン)へ渡る。1946年(昭和21)長女を連れて帰国。48年夫の教え子と恋愛をし、京都へ出奔。この青年との関係は、運命の伏線のように、その後の人生の曲折ともかかわり、作家瀬戸内晴美誕生の機縁となる。その後、妻子ある作家との8年に及ぶ愛情関係をモチーフに、五欲煩悩に迷う体験から、人間に内在する暗い世界の模索を試みた私小説系列の作品を書く。63年女流文学賞を受けた『夏の終り』(1962)はその代表作である。ほかに『蘭(らん)を焼く』(1969)、『おだやかな部屋』(1970)などがある。61年第1回田村俊子(としこ)賞受賞の『田村俊子』(1959)により新しい伝記小説の境地を開拓した。『ここ過ぎて』(1956~58)、『かの子撩乱(りょうらん)』(1962~64)、『美は乱調にあり』(1965)など、おもに大正から昭和にかけて時代とともに、人生を燃焼し尽くした女性像・群像を発掘し、自己の生きる証(あかし)とする。73年、中尊寺で得度。寂聴尼として仏道を修めながら、なお旺盛(おうせい)な執筆活動を続ける。得度後のおもな作品に『女人源氏物語』全5巻(1988)、『花に問え』(1992。谷崎潤一郎賞受賞)、『源氏物語』全10巻(1996~98)、『場所』(2001。野間文芸賞受賞)などがある。95年度(平成7)芸術選奨文部大臣賞受賞。97年文化功労者となる。また、88年から92年まで敦賀(つるが)女子短期大学の学長を務めた。2006年文化勲章受章。[岡 宣子]
『『瀬戸内晴美作品集』全8巻(1972~73・筑摩書房) ▽『瀬戸内晴美長編選集』13巻・続巻5(1973~74、81~82・講談社) ▽『瀬戸内寂聴全集』全20巻(2001~02・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瀬戸内寂聴の関連キーワード桐竹 紋十郎(2代目)ケータイ小説服部 峻治郎鈴木 真砂女小田仁二郎高岡 智照全身小説家瀬戸内晴美高岡智照橋本京明有馬稲子文学者翠千賀瀬戸内

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬戸内寂聴の関連情報