照葉(読み)てりは

精選版 日本国語大辞典「照葉」の解説

てり‐は【照葉】

〘名〙 (「てりば」とも)
① 光沢のある美しい葉。多く、紅葉して美しく照りかがやく木の葉をいう。《季・秋》
俳諧続猿蓑(1698)上「(から)の字や揃ふて渡る鳥の声〈馬莧〉 てり葉の岸のおもしろき月〈沾圃〉」
渋江抽斎(1916)〈森鴎外〉六四「照葉(テリハ)とは天爾波俄(てにはにはか)の訛略だと云ふのである」
③ 植物「なつはぜ(夏黄櫨)」の異名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「照葉」の解説

てり‐は【照(り)葉】

草木の葉が紅葉して、美しく照り輝くこと。また、その葉。照り紅葉。 秋》「―して名もなき草のあはれなる/風生
[類語]木の葉枝葉草葉葉っぱ押し葉葉身葉脈葉柄葉末托葉単葉複葉葉序双葉若葉若緑新緑万緑青葉紅葉こうよう紅葉もみじ黄葉落ち葉落葉枯れ葉朽ち葉病葉わくらば松葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android