照(り)葉(読み)テリハ

精選版 日本国語大辞典の解説

てり‐は【照葉】

〘名〙 (「てりば」とも)
① 光沢のある美しい葉。多く、紅葉して美しく照りかがやく木の葉をいう。《季・秋》
俳諧続猿蓑(1698)上「雀(から)の字や揃ふて渡る鳥の声〈馬莧〉 てり葉の岸のおもしろき月〈沾圃〉」
渋江抽斎(1916)〈森鴎外〉六四「照葉(テリハ)とは天爾波俄(てにはにはか)の訛略だと云ふのである」
③ 植物「なつはぜ(夏黄櫨)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android