照葉(読み)テリハ

デジタル大辞泉の解説

草木の葉が紅葉して、美しく照り輝くこと。また、その葉。照り紅葉。 秋》「―して名もなき草のあはれなる/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「てりば」とも)
① 光沢のある美しい葉。多く、紅葉して美しく照りかがやく木の葉をいう。《季・秋》
※俳諧・続猿蓑(1698)上「雀(から)の字や揃ふて渡る鳥の声〈馬莧〉 てり葉の岸のおもしろき月〈沾圃〉」
※渋江抽斎(1916)〈森鴎外〉六四「照葉(テリハ)とは天爾波俄(てにはにはか)の訛略だと云ふのである」
③ 植物「なつはぜ(夏黄櫨)」の異名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

照葉の関連情報