コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇王寺 ギオウジ

5件 の用語解説(祇王寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎおう‐じ〔ギワウ‐〕【祇王寺】

京都市右京区嵯峨にある真言宗大覚寺派の尼寺。明治28年(1895)往生院の跡に再建された。祇王祇女(ぎじょ)およびその母の墓である宝篋印塔(ほうきょういんとう)がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

祇王寺【ぎおうじ】

京都市右京区嵯峨にある尼寺。本尊大日如来真言宗大覚寺派。往生院の旧跡と伝え,《平家物語》の白拍子,祇王(妓王)と祇女(妓女)の姉妹,その母,仏御前の木像をまつる。
→関連項目嵯峨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎおうじ【祇王寺】

京都市右京区にある真言宗の尼寺。山号は高松山。《平家物語》によると,仏御前(ほとけごぜん)に清盛の寵愛を奪われた白拍子の祇王は,嵯峨に庵を結んで尼となった。当寺は小倉山の東麓,二尊院の北,祇王の庵があったという場所にあり,法然の高弟念仏房が開いた往生院の故地にも当たる。1902年の再興である。本堂には清盛と祇王,妹の祇女,その母,のちに祇王を訪ねて尼になった仏御前らの像が安置され,祇王の哀話をしのばせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎおうじ【祇王寺】

京都市右京区嵯峨にある真言宗大覚寺派の尼寺。祇王・祇女とその母、および仏御前が隠棲した往生院の跡地にある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祇王寺
ぎおうじ

京都市右京区嵯峨(さが)鳥居本(とりいもと)小坂町にあり、真言宗大覚寺派に属する尼寺。法然(ほうねん)(源空)の門弟良鎮(りょうちん)によって始められたと伝えられる往生院(おうじょういん)の境内にあり、かつては広い地域を占めていたがしだいに荒廃してささやかな尼寺として残った。平清盛(きよもり)の寵(ちょう)を失い、尼となった白拍子(しらびょうし)祇王と、妹の祇女、母の刀自(とじ)らがこもったことにちなんで、のちに祇王寺とよばれるようになった。1895年(明治28)京都府知事が嵯峨にある別荘の一棟を寄付し、嵯峨の有志、富岡鉄斎(てっさい)、大覚寺門跡楠玉諦(くすのきぎょくたい)らによって、祇王ゆかりの寺として再建されたのが現在の祇王寺である。仏間には正面に本尊大日如来(にょらい)、左に清盛、祇王、刀自、右に祇女、仏御前(ほとけごぜん)の木像が安置されている。寺の墓地にある宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、祇王、祇女、刀自の墓、五輪塔は平清盛の供養塔で、いずれも鎌倉時代のものである。[野村全宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祇王寺の関連キーワード高蔵寺清涼寺林丘寺上品蓮台寺退蔵院医王寺淳和院檀林寺東長寺薬王寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祇王寺の関連情報