高橋残夢(読み)たかはし ざんむ

美術人名辞典の解説

高橋残夢

国学者・歌人。名は正徴・正澄、通称元右衛門、号は清園・有所遊居、落飾後残夢。備中生。初め鴨祐為に、次いで香川景樹の門で学ぶ。桂門十哲の一人。晩年失明した。著書に『塵室草露』等がある。嘉永4年(1851)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋残夢 たかはし-ざんむ

1775-1851 江戸時代後期の国学者,歌人。
安永4年生まれ。大坂にすみ,鴨祐為(かも-すけため)に歌をまなび,のち香川景樹(かげき)に入門。言霊(ことだま)説をとなえた。嘉永(かえい)4年2月27日死去。77歳。京都出身。本姓は平松。名ははじめ正徴,正澄(まさずみ)。通称は元右衛門。号は清園,有所遊居。歌集に「残の夢」,著作に「国字定源」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかはしざんむ【高橋残夢】

1775~1851) 江戸後期の歌人・国学者。京都の人。本姓は平松。通称、元右衛門。歌を香川景樹に学び、語源研究にも力を入れた。言霊ことだま派の大成者。主著「霊の宿」「言霊右言考」「和歌六体考」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋残夢
たかはしざんむ

[生]安永4(1775).京都
[没]嘉永4(1851).2.27. 摂津,福島
江戸時代後期の国学者。名は正澄。号は清園。和歌を香川景樹に学び,のち大坂に出て,桂門の指導にあたり,霊説を唱えた。著書『霊の宿』 (1836) ,『言霊古言考』 (45) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android