コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋貝塚 たかはしかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

たかはしかいづか【高橋貝塚】

鹿児島県日置郡金峰町高橋にある弥生時代前期の貝塚。砂丘の内陸側斜面に立地し,1962年,63年に発掘された。貯蔵穴2,竪穴住居1を検出,前期の土器は下・中2層に分かれて出土し,下層に夜臼(ゆうす)式と高橋I式,中層で高橋II式を検出,上層では中期の土器が出土した。片刃石斧石庖丁,石鎌,磨製石鏃磨製石剣,骨角製銛(もり),釣針,ゴホウラ製の貝輪管玉,軽石製岩偶などが出土し,九州南端の弥生前期文化の様相を明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高橋貝塚の関連キーワード鹿児島県南さつま市金峰町高橋ゴホウラ製腕輪鹿児島(県)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android