コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高良山 コウラサン

大辞林 第三版の解説

こうらさん【高良山】

福岡県久留米市にある山。山腹に高良大社および神籠石こうごいしがある。 → 神籠石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高良山の言及

【神籠石】より

…その造営時期については諸説がある。九州型の最大のものが高良山(こうらさん)と女山(ぞやま)で,この2者を底辺にして二等辺三角形を描くと頂点に6世紀に大和朝廷に滅ぼされた磐井(いわい)の墓と伝える岩戸山古墳があり,これを中心として北方に中型の遺跡が杷木(はき),帯隈(おぶくま)山,おつぼ山と並び,さらに外郭に御所ヶ谷,鹿毛馬(かげのま),雷山と並ぶ3線の防御陣地を磐井がつくり,これを攻撃する大和勢が山口県石城山という瀬戸内型をつくったとする6世紀前半説,聖徳太子新羅遠征準備時のものとする7世紀説,吉備平野の鬼ノ城を吉備反乱に結びつける5世紀説,吉備大宰が設置したとする7世紀後半説などがあるが,大宰府防備のための大野城基肄(きい)城よりは築城方式が古く,7世紀中葉以前のものであることは疑いない。【坪井 清足】。…

※「高良山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高良山の関連キーワード城(軍事的構築物)福岡県久留米市安国寺甕棺墓群高良山神籠石黒田城大手門久留米(市)権藤 震二寂源(2)雷山神籠石権藤震二杜氏の詩戸次道雪懐良親王寂源一如菊池武光耳納山地菊池武政草野永幸菊池武朝神籠石

高良山の関連情報