高良山(読み)こうらさん

精選版 日本国語大辞典「高良山」の解説

こうら‐さん カウラ‥【高良山】

福岡県久留米市にある中腹に筑後国一宮高良大社があり、神護石(こうごいし)環状列石がある。不濡(ぬれず)山。琴弾山。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高良山」の解説

こうら‐さん〔カウラ‐〕【高良山】

福岡県久留米市にある山。中腹に高良大社、西斜面に神籠石こうごいしがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典・日本の観光資源「高良山」の解説

高良山

(福岡県久留米市)
福岡県文化百選 歴史散歩編指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典内の高良山の言及

【神籠石】より

…その造営時期については諸説がある。九州型の最大のものが高良山(こうらさん)と女山(ぞやま)で,この2者を底辺にして二等辺三角形を描くと頂点に6世紀に大和朝廷に滅ぼされた磐井(いわい)の墓と伝える岩戸山古墳があり,これを中心として北方に中型の遺跡が杷木(はき),帯隈(おぶくま)山,おつぼ山と並び,さらに外郭に御所ヶ谷,鹿毛馬(かげのま),雷山と並ぶ3線の防御陣地を磐井がつくり,これを攻撃する大和勢が山口県石城山という瀬戸内型をつくったとする6世紀前半説,聖徳太子新羅遠征準備時のものとする7世紀説,吉備平野の鬼ノ城を吉備反乱に結びつける5世紀説,吉備大宰が設置したとする7世紀後半説などがあるが,大宰府防備のための大野城基肄(きい)城よりは築城方式が古く,7世紀中葉以前のものであることは疑いない。【坪井 清足】。…

※「高良山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android