高良大社(読み)こうらたいしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「高良大社」の解説

高良大社
こうらたいしゃ

福岡県久留米(くるめ)市御井(みい)町に鎮座。高良玉垂命(たまだれのみこと)を主神とし、相殿(あいどの)に八幡(はちまん)大神、住吉(すみよし)大神を奉斎している。高良玉垂命は、古くより高良山(こうらさん)に鎮まり、奇(く)しき恵みを万民に垂れる筑紫(つくし)の国魂(くにみたま)の神であるという。社伝によれば、当社の創建は、履中(りちゅう)天皇元年という。673年(天武天皇2)2月、神主物部道麿(もののべみちまろ)の子美濃里麿(みのりまろ)に神託があり、それによって大祝(おおはうり)家三男隆慶(りゅうけい)を社僧にしたという。その子孫は江戸時代前まで48世続き、盛時には当社の神宮寺御井寺(みいでら)の座主(ざす)として1000余名の僧徒を支配した。桓武(かんむ)天皇の代の795年(延暦14)5月、従(じゅ)五位下に、以後たびたびの昇叙があり、宇多(うだ)天皇の代の897年(寛平9)には正一位となった。『延喜式(えんぎしき)』神名帳には、「高良玉垂命神社」の名でみえ、名神(みょうじん)大社に列する。筑後(ちくご)国の一宮(いちのみや)。旧国幣大社。例祭は10月9~11日。6月1、2日の川渡祭(かわたりさい)は無病息災と寿命長久を祈願する行事で、俗にへこかき祭といわれる。現社殿は1660年(万治3)久留米藩主有馬頼利(ありまよりとし)の造営になる権現造(ごんげんづくり)で、社宝の紙本墨書平家物語覚一本12冊とともに国の重要文化財指定されている。なお、高良山西斜面には神籠石(こうごいし)(国史跡)とよばれる環状の列石が連なる。

[落合偉洲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「高良大社」の解説

こうら‐たいしゃ カウラ‥【高良大社】

福岡県久留米市御井町にある神社。旧国幣大社。祭神は高良玉垂命(こうらたまだれのみこと)を主神に、八幡大神(はちまんのおおかみ)住吉大神(すみよしのおおかみ)配祀。高良玉垂命は筑紫の国魂(くにみたま)神であり、履中天皇元年に社殿が創建されたと伝える。現社殿は万治三年(一六六〇)に藩主有馬頼利が建立。筑後国一の宮。高良明神。高良宮。高良玉垂宮。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「高良大社」の解説

高良大社【こうらたいしゃ】

福岡県久留米市御井町に鎮座。旧国幣大社。高良玉垂(たまたれ)命をまつる。履中(りちゅう)天皇の時の鎮祭と伝える。延喜式内の名神大社とされ,筑後国の一宮。九州総社,鎮西11ヵ国の宗廟と称された。例祭は10月9日。ほかに川渡祭(6月1日)がある。境内の神籠石(こうごいし)は有名。
→関連項目久留米[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「高良大社」の解説

高良(こうら)大社

福岡県久留米市、高良山の中腹にある神社。延喜式内社。祭神は高良玉垂命(たまだれのみこと)、八幡大神、住吉大神。筑後国一之宮。本殿などは国の重要文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「高良大社」の解説

こうら‐たいしゃ〔カウラ‐〕【高良大社】

福岡県久留米市にある神社。旧国幣大社。主祭神は高良玉垂命こうらたまだれのみこと。八幡大神・住吉大神を配祀。筑後国一の宮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典・日本の観光資源「高良大社」の解説

高良大社

(福岡県久留米市)
福岡県文化百選 建物編」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典 第2版「高良大社」の解説

こうらたいしゃ【高良大社】

福岡県久留米市に鎮座。高良玉垂(こうらたまだれ)命を主神とし,左相殿(あいどの)に八幡大神を,右相殿に住吉大神をまつる。社記によれば履中天皇のとき創建というが,筑後平野にのぞむ高良山中腹に鎮座する本社には,社殿の背後より山裾まで1.5kmに及ぶ列石神籠石(こうごいし)(国指定史跡)があり,古い時代の創建とみられる。歴代皇室の崇敬をうけ,795年(延暦14)従五位下よりしだいに昇進,869年(貞観11)従一位,さらに897年(寛平9)正一位,延喜の制で名神大社とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android