コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髢/髪文字 カモジ

3件 の用語解説(髢/髪文字の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐もじ【×髢/髪文字】

《「か」は「かみ(髪)」「かずら(髢)」などの頭音》
(髢)婦人が髪を結うとき添える毛。そえがみ。そえげ。いれがみ。
髪をいう女房詞。おかもじ。
和船の舳先(へさき)に、房のように垂れている飾り。さがり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

髢【かもじ】

加文字,髪文字とも書く。結髪用の入れ毛。平安・鎌倉時代は【かつら】といい,宮廷女性に用いられたが,江戸中期以後女性の髪形が複雑になるに従い,技巧的な小道具一つとして発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かもじ【髢】

加文字,髪文字とも書く。〈かみ〉あるいは〈かずら〉の語頭に〈文字〉をつけ加えてできた語。髪を結う場合に自毛の足りない部分を補足する入毛のこと。古代~中世には女性の垂髪に用いられ,《源氏物語》や《枕草子》などに記されている。近世になり女髷(おんなまげ)が発達し,前髪,髷,鬢(びん),髱(たぼ)の構成による複雑な髪形が結われるようになると,かもじの種数も多くなった。髷の根に足す根かもじをはじめ,鬢や髱に部分的なかもじを使うようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

髢/髪文字の関連キーワード字間クレタ文字女真文字表意文字表音文字ロシア文字人文字ひ文字梵字八思巴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone