コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髢/髪文字 カモジ

デジタル大辞泉の解説

か‐もじ【×髢/髪文字】

《「か」は「かみ(髪)」「かずら(髢)」などの頭音》
(髢)婦人が髪を結うとき添える毛。そえがみ。そえげ。いれがみ。
髪をいう女房詞。おかもじ
和船舳先(へさき)に、房のように垂れている飾り。さがり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

髢【かもじ】

加文字,髪文字とも書く。結髪用の入れ毛。平安・鎌倉時代は【かつら】といい,宮廷女性に用いられたが,江戸中期以後女性の髪形が複雑になるに従い,技巧的な小道具の一つとして発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かもじ【髢】

加文字,髪文字とも書く。〈かみ〉あるいは〈かずら〉の語頭に〈文字〉をつけ加えてできた語。髪を結う場合に自毛の足りない部分を補足する入毛のこと。古代~中世には女性の垂髪に用いられ,《源氏物語》や《枕草子》などに記されている。近世になり女(おんなまげ)が発達し,前髪,髷,(びん),(たぼ)の構成による複雑な髪形が結われるようになると,かもじの種数も多くなった。髷の根に足す根かもじをはじめ,鬢や髱に部分的なかもじを使うようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

髢/髪文字の関連キーワード打ち乱りの箱落ちゃないヘアピースおちゃないかもじ屋大垂髪宝髻そえ長掛釵子長髢丸髢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android