コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住為楽 うおずみ いらく

美術人名辞典の解説

魚住為楽

金工家。石川県生。本名は安太郎。仏具師山口徳蔵に師事する。やがて銅鐸制作の研究を始める。法隆寺夢殿厨子修理に参加。のち重要無形文化財「銅鐸」の保持者に認定される。現代美術展最高賞・金沢市文化賞・北国文化賞・石川県産業工芸展知事賞受賞。勲四等旭日小綬章。人間国宝。昭和39年(1964)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚住為楽
うおずみいらく
(1886―1964)

大正・昭和の金工家。石川県小松生まれ。本名安太郎、為楽は号である。1904年(明治37)、大阪で仏具製作を山口徳蔵に師事、そのかたわら砂張(さはり)(銅に錫(すず)、鉛を加えた合金)の鈴を製作、ついで砂張の銅羅(どら)の鋳造を独自に研究し、36年(昭和11)帝展および文展に銅羅を初出品、ともに入選し注目を集めた。砂張は硬いうえにもろく、また鋳造には鬆(す)ができやすく、金工材料のなかでも取扱いがむずかしいが、為楽はことにこの砂張を用いた鋳造を得意とし、銅羅をはじめ花入れ、建水(けんすい)などの茶道具に優れた作品を残した。55年(昭和30)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。砂張の加工技術は孫の安彦(やすひこ)(1937― )が伝承し、2002年(平成14)3代魚住為楽を襲名。同年、人間国宝に認定された。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

魚住為楽の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門魚住為楽(3代)12月20日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚住為楽の関連情報