コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住為楽 うおずみ いらく

2件 の用語解説(魚住為楽の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

魚住為楽

金工家。石川県生。本名は安太郎。仏具師山口徳蔵に師事する。やがて銅鐸制作の研究を始める。法隆寺夢殿厨子修理に参加。のち重要無形文化財「銅鐸」の保持者に認定される。現代美術展最高賞・金沢市文化賞・北国文化賞・石川県産業工芸展知事賞受賞。勲四等旭日小綬章人間国宝。昭和39年(1964)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚住為楽
うおずみいらく
(1886―1964)

大正・昭和の金工家。石川県小松生まれ。本名安太郎、為楽は号である。1904年(明治37)、大阪で仏具製作を山口徳蔵に師事、そのかたわら砂張(さはり)(銅に錫(すず)、鉛を加えた合金)の鈴を製作、ついで砂張の銅羅(どら)の鋳造を独自に研究し、36年(昭和11)帝展および文展に銅羅を初出品、ともに入選し注目を集めた。砂張は硬いうえにもろく、また鋳造には鬆(す)ができやすく、金工材料のなかでも取扱いがむずかしいが、為楽はことにこの砂張を用いた鋳造を得意とし、銅羅をはじめ花入れ、建水(けんすい)などの茶道具に優れた作品を残した。55年(昭和30)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。砂張の加工技術は孫の安彦(やすひこ)(1937― )が伝承し、2002年(平成14)3代魚住為楽を襲名。同年、人間国宝に認定された。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚住為楽の関連キーワード石川義大樋長左衛門(十代)玉井敬泉徳田正彦仏具安太多良真弓阿比野安太郎魚住為楽(初代)永井鉄太郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魚住為楽の関連情報