コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥媒花 ちょうばいか ornithophilous flower

4件 の用語解説(鳥媒花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥媒花
ちょうばいか
ornithophilous flower

小鳥の媒介によって受粉する花。鳥媒花は概して色は鮮かで匂いはなく,花の構造が堅固で蜜を多量に分泌する。ツバキサザンカ,チャ,ビワ,ウメ,モモなどがあげられる。媒介する鳥として外国には特に小型でもっぱら花蜜を吸って生活するハチドリ (中央・南アメリカ) ,タイヨウチョウ (アフリカ) ,ミツスイ (アフリカ,オーストラリア) などが有名であるが,日本ではメジロヒヨドリウグイス,ウソなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうばい‐か〔テウバイクワ〕【鳥媒花】

ハチドリ・ミツスイなどの鳥によって花粉が運ばれ、受粉する花。日本ではメジロがツバキ・ヤッコソウの受粉を媒介するといわれる。→虫媒花

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうばいか【鳥媒花】

鳥媒によって受粉が行われる花。南米のハチドリによるものが有名。日本ではツバキの受粉がメジロにより媒介される場合がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥媒花
ちょうばいか

花粉が鳥によって媒介されて雌しべの柱頭に運ばれる花をいい、熱帯地方に広く分布する。ブラジルでは、ある調査によれば植物の3分の1が鳥媒花といわれるが、わが国では鳥媒花はほとんどなく、メジロがツバキやヤッコソウの受粉に関係するといわれる程度である。花粉を媒介する鳥はハチドリとミツスイが主で、鳥の舌がピストン作用で蜜(みつ)を吸うが、このとき鳥は空中にはばたきながら静止している。鳥媒花の花は蜜が多量にあり、香りはあまりないが、花色は赤などと鮮やかで美しい。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥媒花の関連キーワード自家受粉受粉水媒花虫媒花風媒花鳥媒水媒小鳥の歌再保険ブローカー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone