コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥媒花 ちょうばいかornithophilous flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥媒花
ちょうばいか
ornithophilous flower

小鳥の介によって受粉する鳥媒花は概して色は鮮かで匂いはなく,花の構造が堅固で蜜を多量に分泌する。ツバキサザンカ,チャ,ビワ,ウメ,モモなどがあげられる。媒介する鳥として外国には特に小型でもっぱら花蜜を吸って生活するハチドリ (中央・南アメリカ) ,タイヨウチョウ (アフリカ) ,ミツスイ (アフリカ,オーストラリア) などが有名であるが,日本ではメジロヒヨドリウグイス,ウソなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうばい‐か〔テウバイクワ〕【鳥媒花】

ハチドリ・ミツスイなどの鳥によって花粉が運ばれ、受粉する花。日本ではメジロがツバキ・ヤッコソウの受粉を媒介するといわれる。→虫媒花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうばいか【鳥媒花】

鳥媒によって受粉が行われる花。南米のハチドリによるものが有名。日本ではツバキの受粉がメジロにより媒介される場合がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥媒花
ちょうばいか

花粉が鳥によって媒介されて雌しべの柱頭に運ばれる花をいい、熱帯地方に広く分布する。ブラジルでは、ある調査によれば植物の3分の1が鳥媒花といわれるが、わが国では鳥媒花はほとんどなく、メジロがツバキやヤッコソウの受粉に関係するといわれる程度である。花粉を媒介する鳥はハチドリとミツスイが主で、鳥の舌がピストン作用で蜜(みつ)を吸うが、このとき鳥は空中にはばたきながら静止している。鳥媒花の花は蜜が多量にあり、香りはあまりないが、花色は赤などと鮮やかで美しい。[吉田精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳥媒花の関連キーワードヤッコソウ(奴草)ツバキ(椿)吉田精一水媒花南米蜜腺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android