コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡政男 つるおかまさお

百科事典マイペディアの解説

鶴岡政男【つるおかまさお】

画家。群馬県生れ。1922年太平洋画会研究所に学ぶ。1930年NOVA美術協会結成。1937年応召し中国出征。1947年自由美術家協会会員。LSDによる実験制作なども行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴岡政男 つるおか-まさお

1907-1979 昭和時代の洋画家。
明治40年2月16日生まれ。太平洋画会研究所でまなぶ。洪原会,NOVA美術協会で活動し,昭和18年松本竣介,靉光(あいみつ)らと新人画会を結成した。戦後は自由美術家協会会員。29,41年現代日本美術展,38,40年日本国際美術展で受賞。昭和54年9月27日死去。72歳。群馬県出身。代表作に「重い手」「青いカーテン」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴岡政男
つるおかまさお
(1907―1979)

画家。群馬県生まれ。太平洋画会研究所に入り、昭和初め一九三〇年協会展に出品、洪原会、NOVA(ノバ)美術協会の会員として活躍、また第二次世界大戦末期に同志と新人画会を結成する。1947年(昭和22)自由美術家協会の会員となる。第2回サンパウロ・ビエンナーレ展出品。第7回日本国際美術展で優秀賞、第8回展に『青いカーテン』を出品、東京国立近代美術館賞を受け、翌66年の現代日本美術展で神奈川県立近代美術館賞を受賞。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鶴岡政男の関連キーワード井上長三郎昭和時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android