コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本竣介 まつもとしゅんすけ

7件 の用語解説(松本竣介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本竣介
まつもとしゅんすけ

[生]1912.4.19. 東京
[没]1948.6.8. 東京
洋画家。旧姓佐藤,のち養子となって松本に改姓。幼少年時代を花巻市,盛岡市で過し,1925年流行性脳脊髄膜炎で聴覚を失う。 29年上京,太平洋画会研究所に学び,麻生三郎,靉光 (あいみつ) らと親交を結ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつもと‐しゅんすけ【松本竣介】

[1912~1948]洋画家。東京の生まれ。中学生時代に聴力を失いながら、清澄な叙情のもとに、孤独な心象を託した都会風景を描いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松本竣介【まつもとしゅんすけ】

洋画家。東京生れ。1929年太平洋画会研究所に入り,1935年から二科会に出品,NOVA美術協会にも参加。このころ靉光(あいみつ)らと新人画会を結成,1947年には自由美術家協会の再建に加わった。
→関連項目麻生三郎舟越保武

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本竣介 まつもと-しゅんすけ

1912-1948 昭和時代の洋画家。
明治45年4月19日生まれ。太平洋画会研究所でまなぶ。昭和10年二科展に入選,のち二科会会友となる。ノヴァ展にも出品。18年靉光(あいみつ)らと新人画会を結成。戦後は日本美術会創立,自由美術家協会再建に参加。昭和23年6月8日死去。37歳。東京出身。旧姓は佐藤。作品に「都会」「立てる像」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとしゅんすけ【松本竣介】

1912‐48(大正1‐昭和23)
洋画家。東京に生まれる。旧姓佐藤。幼少時を盛岡で過ごし,中学時代に聴覚を失う。1929年上京し,太平洋画会研究所に学ぶ。靉光(あいみつ)や麻生三郎らと交友,モディリアニに傾倒してデッサンの重要性を知る。35年,NOVA美術会同人となり,第22回二科会展に《建物》が初入選して以来,都市生活者のさまざまな姿をモンタージュした作品を描く。アメリカンソーシャルシーンの画家野田英夫ドイツ表現派の画家グロッスの作品に啓発され,都会の風景と人間の生活が重層する画面をつくっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まつもとしゅんすけ【松本竣介】

1912~1948) 洋画家。東京生まれ。戦時中は靉あいみつらと新人画会を結成。清澄で抒情的な画風で都会風景を描いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本竣介
まつもとしゅんすけ
(1912―1948)

洋画家。旧姓佐藤。東京生まれ。幼少年時代を岩手県花巻、盛岡で過ごし、盛岡中学校1年生で聴力を失い、三学年修了で中退。画家を志して1929年(昭和4)上京し、太平洋画会研究所に学ぶ。35年二科展に初入選、以後毎年出品を続け、ノヴァ美術協会の同人となる。40年二科会の前衛グループ九室会の会員となるほか、二科展で特待を受け、翌年二科会会友となった。都会の建物や人物を題材として独自の心象風景を描き、43年には同志と新人画会を結成する。第二次世界大戦後、日本美術会の創立ならびに自由美術家協会の再建に参加し、会員となる。代表作に『都会』『Y市の橋』『立てる像』『運河風景』などがある。[小倉忠夫]
『『松本竣介画集』(1963・平凡社) ▽朝日晃著『松本竣介』(1976・日動出版部) ▽村上善男著『松本竣介とその友人たち』(1987・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松本竣介の関連キーワード633美の里いの(町)吾北光の科学史悲しき玩具悲しき玩具バーブ明治天皇大正バルカン戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本竣介の関連情報