コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本竣介 まつもとしゅんすけ

7件 の用語解説(松本竣介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本竣介
まつもとしゅんすけ

[生]1912.4.19. 東京
[没]1948.6.8. 東京
洋画家。旧姓佐藤,のち養子となって松本に改姓。幼少年時代を花巻市,盛岡市で過し,1925年流行性脳脊髄膜炎で聴覚を失う。 29年上京,太平洋画会研究所に学び,麻生三郎,靉光 (あいみつ) らと親交を結ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつもと‐しゅんすけ【松本竣介】

[1912~1948]洋画家。東京の生まれ。中学生時代に聴力を失いながら、清澄な叙情のもとに、孤独な心象を託した都会風景を描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松本竣介【まつもとしゅんすけ】

洋画家。東京生れ。1929年太平洋画会研究所に入り,1935年から二科会に出品,NOVA美術協会にも参加。このころ靉光(あいみつ)らと新人画会を結成,1947年には自由美術家協会の再建に加わった。
→関連項目麻生三郎舟越保武

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本竣介 まつもと-しゅんすけ

1912-1948 昭和時代の洋画家。
明治45年4月19日生まれ。太平洋画会研究所でまなぶ。昭和10年二科展に入選,のち二科会会友となる。ノヴァ展にも出品。18年靉光(あいみつ)らと新人画会を結成。戦後は日本美術会創立,自由美術家協会再建に参加。昭和23年6月8日死去。37歳。東京出身。旧姓は佐藤。作品に「都会」「立てる像」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとしゅんすけ【松本竣介】

1912‐48(大正1‐昭和23)
洋画家。東京に生まれる。旧姓佐藤。幼少時を盛岡で過ごし,中学時代に聴覚を失う。1929年上京し,太平洋画会研究所に学ぶ。靉光(あいみつ)や麻生三郎らと交友,モディリアニに傾倒してデッサンの重要性を知る。35年,NOVA美術会同人となり,第22回二科会展に《建物》が初入選して以来,都市生活者のさまざまな姿をモンタージュした作品を描く。アメリカンソーシャルシーンの画家野田英夫ドイツ表現派の画家グロッスの作品に啓発され,都会の風景と人間の生活が重層する画面をつくっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつもとしゅんすけ【松本竣介】

1912~1948) 洋画家。東京生まれ。戦時中は靉あいみつらと新人画会を結成。清澄で抒情的な画風で都会風景を描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本竣介
まつもとしゅんすけ
(1912―1948)

洋画家。旧姓佐藤。東京生まれ。幼少年時代を岩手県花巻、盛岡で過ごし、盛岡中学校1年生で聴力を失い、三学年修了で中退。画家を志して1929年(昭和4)上京し、太平洋画会研究所に学ぶ。35年二科展に初入選、以後毎年出品を続け、ノヴァ美術協会の同人となる。40年二科会の前衛グループ九室会の会員となるほか、二科展で特待を受け、翌年二科会会友となった。都会の建物や人物を題材として独自の心象風景を描き、43年には同志と新人画会を結成する。第二次世界大戦後、日本美術会の創立ならびに自由美術家協会の再建に参加し、会員となる。代表作に『都会』『Y市の橋』『立てる像』『運河風景』などがある。[小倉忠夫]
『『松本竣介画集』(1963・平凡社) ▽朝日晃著『松本竣介』(1976・日動出版部) ▽村上善男著『松本竣介とその友人たち』(1987・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本竣介の関連キーワード藤彦衛少時油谷達内田巌佐川敏子佐藤泰治佐藤美子佐野ぬい渡辺与平石井 眞木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本竣介の関連情報