コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靉光 あいみつ

8件 の用語解説(靉光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

靉光
あいみつ

[生]1907.6.24. 広島,壬生
[没]1946.1.19. 上海
洋画家。本名石村日郎。靉川光郎とも名のり,靉光はその略称。 1925年上京して太平洋画会研究所に学び,26年二科展に入選。現代絵画のさまざまな傾向を模索し,次第にシュルレアリスム的な表現へ移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あい‐みつ【靉光】

[1907~1946]洋画家。広島の生まれ。本名、石村日郎。初め靉川光郎と名のり、のち略して靉光。東洋絵画に学んだ独自の内省的シュールレアリスム風の作品を描いた。作「眼のある風景」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

靉光【あいみつ】

洋画家。広島県生れ。本名石村日郎,画名靉川光郎。1924年大阪の天彩画塾に学び,翌年上京して太平洋画会研究所に入所。1939年美術文化協会の創立に参加,1942年新人画会メンバーとなる。
→関連項目シュルレアリスム長谷川利行松本竣介

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

靉光 あいみつ

1907-1946 昭和時代前期の洋画家。
明治40年6月24日生まれ。大阪の天彩画塾,東京の太平洋画会研究所でまなび,靉川光郎(略して靉光)と名のる。シュールレアリスムの影響をうけ,美術文化協会,新人画会の結成にくわわる。徴兵で中国におくられ,昭和21年1月19日上海の病院で死去。40歳。広島県出身。本名は石村日郎。作品に「ライオン」「眼のある風景」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あいみつ【靉光】

1907‐46(明治40‐昭和21)
画家。広島県に生まれる。本名石村日郎。10代半ばに広島市の印刷所で図案工として働き,その後,大阪の天彩画塾を経て1924年に上京。太平洋画会研究所に通う。井上長三郎鶴岡政男らと親しく交わり,26年第13回二科会展に初入選して以後,一九三〇年協会展,独立美術協会展などで精力的な発表活動に入る。前衛絵画のグループとも交渉をもち,39年にはシュルレアリスムをその特色とした〈美術文化協会〉に参加。フランドルの画家ボスを連想させる幻想的な画面は,1930年代の時代の状況を画家の内省的な世界のなかで定着させ,とりわけ《眼のある風景》(1938)は,日本のシュルレアリスム絵画の代表的な作品として評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あいみつ【靉光】

1907~1946) 洋画家。本名、石村日郎。広島県生まれ。シュールレアリスムの精神と東洋画を学ぶ。「眼のある風景」「自画像」は戦時下の日本洋画の代表作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

靉光
あいみつ
(1907―1946)

洋画家。広島県に生まれる。本名石村日郎。伯父に養われ、広島市の高等小学校を卒業し、大阪の天彩画塾に学んだころから靉川光郎と名のり、略して靉光。1925年(大正14)上京して太平洋画会研究所に学び、翌年二科展に初入選、1927年(昭和2)、1930年協会奨励賞を受ける。独立美術展に出品しシュルレアリスムの影響を示し、1939年独立賞を受けるが、同年美術文化協会の結成に参加した。中国宋(そう)元画風をいれて独自の幻想画境を築く。1942年同志と新人画会を結成する。満州(中国東北)に3回旅行。1944年応召して大陸に渡り、終戦翌年の1月上海(シャンハイ)の病院で戦病死した。代表作に『眼のある風景』『馬』『鳥』『自画像』などがある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

靉光
アイミツ

昭和期の洋画家



生年
明治40(1907)年6月24日

没年
昭和21(1946)年1月19日

出生地
広島県山県郡壬生町(現・千代田町)

本名
石村 日郎

別名
筆名=靉川 光郎

学歴〔年〕
高小卒

主な受賞名〔年〕
中央美術展賞〔昭和10年〕「ライオン」,独立美術協会賞〔昭和13年〕「眼のある風景」

経歴
17歳で大阪に出て、天彩画塾に学ぶ。18歳で上京、太平洋画会研究所に学ぶ。大正15年に二科展に入選、以後、「洋傘に倚る少女」「キリスト」「盲目の音楽家」など一連の前衛的作品を描く。昭和9年上海を中心に中国に遊び、東洋指向を強める。12年、13年と独立美術協会展に連続入選。14年シュールレアリスム系の画家たちの美術文化協会の結成に参加、「花園」「鳥」などの作品でシュールレアリスムと宋元画との融合を示す。18年新人画会の結成に参画し、同会展の開催に尽力。19年に徴兵されて大陸戦線に向い、21年上海で病没した。他の作品に「ライオン」「馬」「眼のある風景」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の靉光の言及

【新人画会】より

…太平洋戦争中に活動した洋画家のグループ。1943年4月,美術文化協会に属する靉光,麻生三郎,糸園和三郎,井上長三郎,寺田政明,二科会の松本竣介,ノバ(NOVA)の鶴岡政男,独立美術協会の大野五郎が集まって結成した。すでに社会は戦時色一色に塗りこめられ,美術界にも戦争遂行へ協力が求められて従事する画家が多く,戦意昂揚のためのいわゆる戦争画が盛んに描かれていた。…

※「靉光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

靉光の関連キーワード川崎明峰名石良い星の下に生まれる小用港佐木港千年港中田港土生港三高港横田港

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

靉光の関連情報