コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上長三郎 いのうえちょうざぶろう

百科事典マイペディアの解説

井上長三郎【いのうえちょうざぶろう】

画家。神戸市生れ。太平洋画会研究所で中村不折に学ぶ。1926年二科展出品。1935年独立美術協会会員。1938年から2年間滞仏,美術文化協会自由美術家協会等で発表。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上長三郎 いのうえ-ちょうざぶろう

1906-1995 昭和-平成時代の洋画家。
明治39年11月3日生まれ。太平洋画会研究所にまなぶ。二科展,独立美術協会展などに出品。昭和15年美術文化協会に参加。18年松本竣介(しゅんすけ)らと新人画会を結成。22年自由美術家協会会員となる。政治,社会を風刺した独自の人物画をえがく。平成7年11月17日死去。89歳。兵庫県出身。作品に「葬送曲」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上長三郎
いのうえちょうざぶろう
(1906―1995)

洋画家。神戸市に生まれる。2歳で両親とともに大連(だいれん)(中国東北)に渡る。1924年(大正13)単身帰国して太平洋画会研究所に通い、鶴岡政男、靉光(あいみつ)を知る。二科展と一九三〇年協会展に出品を続けるが、30年(昭和5)に独立美術協会が結成されるとそちらに転じ、翌年の第1回展で同協会賞を受け、35年には会員となる。38~40年渡仏。帰国して美術文化協会に移り、43年鶴岡、靉光、松本竣介らと新人画会を結成。第二次世界大戦の戦況が激化するなかでも発表を続けたが、戦時に迎合した決戦美術展への出品作が厭世的(えんせいてき)との理由で撤収される。第二次世界大戦後、46年(昭和21)日本美術会の創立に参加、翌年新人画会同人たちと自由美術家協会にも参加した。政治的、社会的な主題を取りあげ、ヒューマニズムと社会正義の立場から批判的風刺に専念した。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『井上長三郎』(1975・時の美術社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

井上長三郎の関連キーワード鶴岡 政男多木浩二麻生三郎

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android